FBS

FBSの原油商品銘柄と取引条件をまとめて解説

FBSの原油取引は、スプレッドが狭いです。

原油の取引内容

  • 取扱銘柄:ブレント、WTI
  • スプレッド目安:0.6pips(取引手数料無料)
  • 取引制限:口座間の両建て
  • 1回の取引量:0.01〜500ロット(ポジション数は200)
  • 最大レバレッジ:200倍
  • スワップポイント:マイナス

取引手数料無料の口座を使うので、コスパ良くトレードできます!

(公式)FBS

原油取引の基本情報

FBSで取り扱う原油銘柄は、定番商品です。

取引時間、取引量も相場なので、取引しやすいです。

取り扱い銘柄

取り扱い銘柄は、定番のブレントやWTIです。

取扱商品

  • ブレント(XBRUSD)
    イギリス北海のブレント油田などから採掘される軽油
    インターコンチネンタル取引所(ICE)に上場
    ヨーロッパを中心に取引
  • WTI(XTIUSD)
    ウエスト・テキサス・インターミディエイト
    ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)に上場
    NY原油とも呼ばれる

取引時間

取引時間は、月曜日の朝から土曜日の早朝までです。

  • XBRUSD:平日9:05〜翌5:55
  • XTIUSD:平日7:05〜翌5:55
  • 冬時間(10月〜3月)は1時間遅く開場&閉場

取引量とポジション数

1回の取引量は0.01〜500ロットで、口座あたりのポジション数は200です。

*ECN口座はポジション無制限ですが、原油取引の対象外。

(参考)口座タイプについて

原油の取引条件

禁止行為は海外FXの一般的な内容で、スキャルピングや自動売買向きの条件がそろっています。

  • スロップレベル0:予約注文がしやすい
  • VPSが無料:ほったらかしで自動売買OK

取引制限(禁止行為)

FBSは、口座間の両建てが禁止です。

(参考)両建てのルール

そのほかの特別な取引制限はないので、スキャルピングと自動売買は問題なくできます。

FBSの原油ストップレベル

(MT5の銘柄詳細)

ストップレベルも0なので、指値・逆指値の価格が思い通りです(秒スキャもしやすい)。

(詳細)スキャルピング向きの理由

ハイスペックのVPSを無料で使うこともできるので、ほったらかし運用も可能です!

(参考)自動売買とVPS

レバレッジと必要証拠金

レバレッジは最大200倍です。

そして1ロット当たりの取引単位(コントラクトサイズ)は1,000です。

例えばXTIUSDを110ドルで0.1ロット、100倍のレバレッジで持つ場合、1万円ほどでポジションを持てます。

  • 必要証拠金=(価格×ロット数×コントラクトサイズ)/レバレッジ
  • 必要証拠金=(110ドル×0.1ロット×1,000バレル)/200=110ドル

通貨ペアは最大3,000倍なので、業界トップのハイレバで勝負できます!

(参考)レバレッジの制限ルール

スプレッドと取引手数料

原油銘柄は MT5口座で取引ができます。 MT5対応の口座タイプはセント、スタンダード、クリプトです。

口座タイプとスプレッド

  • セント:通常スプレッド(手数料無料)
  • マイクロ:固定スプレッド(手数料無料)
  • スタンダード:通常スプレッド(手数料無料)
  • ECN:狭いスプレッド(取引手数料は往復6ドル)
  • ゼロスプレッド:0pips(取引手数料は往復20ドル〜)
  • 参考:口座タイプと開設方法

クリプト口座は仮想通貨専門なので、セントとスタンダード口座のスプレッドを実測しました。

FBSの原油スプレッド(セント口座)FBSの原油スプレッド(スタンダード口座)

(セント口座とスタンダード口座)

参考スプレッド

  • XBRUSD:0.6、0.6
  • XTIUSD:0.7、0.7
  • 左がセント口座、右がスタンダード口座
  • 単位はpips(平日15時頃)

どちらも通常スプレッド口座なので、基本同じになりました。

通貨ペアなどは狭いECN口座や、0pipsのゼロスプレッド口座もおすすめです。

(参考)スプレッドの一覧

スワップポイント

スワップポイントは基本マイナスです。

  • XBRUSD:-7.74、-6.28
  • XTIUSD:-8.55、-6.73
  • 左がロング、右がショートポジション
  • 単位はポイント(1ポイント=0.1pips)

口座間の両建てもできないので、スワップ狙いは他の業者を使っています。

(参考)スワップポイントの一覧

まとめ

FBSは元祖ハイレバ業者です。最大3,000倍のレバレッジを最初に打ち出した、海外FX業者と記憶しています。

その自由な風土は今も残っており、少額から大勝ちしやすい環境が整っています。

口座の種類も豊富で複数作れるので、使い分けや追加が気軽にできます。

(公式)口座開設ページ

原油に関してはさらにハイレバレッジ、狭いスプレッド、スワップポイントがプラスの業者もいるので、合わせて活用ください。

(参考)原油取引の業者まとめ

-FBS

© 2022 ソトFX