IFC Markets:IFCマーケット

IFC Marketsのスキャルピング対応と取引条件

IFC Markets(IFCマーケット)は、自由にスキャルピングができます

ifcマーケットはスキャルピングOK

(公式サイトのよくある質問の回答)

そして、問題なくスキャルピングができる取引スペックです。

スキャルピングの取引条件

  • 約定率97%(平均スピード1〜2秒以内)
  • インスタント(価格優先)とマーケット(約定優先)どちらも対応
  • 最大取引量は10,000ロット(業界相場は100〜1,000ロット)
  • スプレッドは固定と変動が選べる(取引手数料は無料)
  • ストップレベルは標準〜やや広め

注文処理は100ロットまでインスタント方式なので、スリッページはほとんどないです(スタッフに確認済み)。

約定力と取引方法

IFCマーケットでは、1〜2秒以内に約97%の取引が成立します。

IFC Marketsの注文処理(NDDでSTP)

取引方法は、NDDでSTPです。約定方法は、取引量によって変わります。

約定方法の解説

  • NDD(No Dealing Desk):市場と直接取引
  • STP(Straight Through Processing):FX会社が最適なレートを提供
  • インスタント方式:FX会社が即時決済(100ロット未満)
  • マーケット方式:FX会社は市場に注文を流す(100ロット以上)
  • 参考:海外FXの取引方法

スリッページと約定拒否(リクオート)は、約定方法で変わります。海外FXで主流のNDDなので、一般レベルで起こりうると判断しています。

スリッページが気になる方は、スリッページなしの海外FX業者も参考ください。

(詳細)スリッページがない業者

取引量と保有ポジション

1回の取引量は、0.01〜10,000ロットが目安です。詳しくは、口座タイプ(取引プラットフォーム)と銘柄で変わります。

取引プラットフォーム

  • NetTradeX(自社ツール):通貨ベース
  • MT4:ロット単位
  • MT5:ロット単位
  • 公式:取引量の一覧表

海外FX業者の最大取引量は、100〜1,000ロットが相場です。そのためIFCマーケットは、大口トレーダーにもおすすめです!

最大ポジション数も無制限(スタンダード口座)なので、取引量は気にしていません。

スプレッドと取引手数料

スプレッドは固定と変動タイプが選べて、取引手数料はすべての口座で無料です。

取引ツールとスプレッドタイプ

  • NetTradeX:固定と変動
  • MT4:固定のみ
  • MT5:変動のみ

取引量の多い商品は、変動スプレッドが狭くなりやすいです。対して取引量が少ない商品は、固定スプレッドで価格変動リスクをヘッジできます。

(詳細)スプレッドの一覧

ストップレベル一覧

主要銘柄のストップレベルです(単位はポイント=0.1pips)。

  • ユーロドル:36
  • ポンドドル:40
  • ドル円:36
  • ユーロ円:50
  • ポンド円:110
  • 豪ドル円:70
  • ゴールド:90
  • 原油:12
  • ビットコイン:100

ifcマーケットのストップレベル(MT4)

(MT4の銘柄詳細)

ストップレベルは標準〜やや広めです。

待機注文の値幅なので、小さい方が思い通りの価格で指値・逆指値ができます。ですが広いことで損切りを回避したり、利益を伸ばせるシーンもあります。

そのため秒単位のスキャルピングでなければ、個人的にストップレベルはあまり気にしていません。

(参考)ストップレベルの設定一覧

まとめ

口座は複数作れるので、取引プラットフォームとスプレッドの組み合わせを検証できます。

(公式)口座開設フォーム

スキャルピング向きの海外FX業者は他にもいるので、関連記事にまとめました。

  • 約定率100%
  • レバレッジ無制限
  • ロスカットなし
  • ボーナスが1,000万円以上
  • キャッシュバック付き など
  • 参考:スキャルピングの業者対応

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-IFC Markets:IFCマーケット

© 2021 ソトFX