IFC Markets:IFCマーケット

IFC MarketsのMT5ダウンロードとログイン手順

IFC Markets(IFCマーケット)のMT5は、各端末で問題なく使えます。

MT5の対応端末(OS)

  • パソコン(WindowsとMac)
  • アプリ(AndroidとiOS)
  • ブラウザ(ウェブトレーダー)
  • 公式:MT5の解説ページ

ダウンロードは、公式サイトまたは会員ページからできます。

端末ごとのダウンロード手順

端末ごとに、MT5のインストール手順を見ていきます。

  • パソコン(WindowsとMac)
  • アプリ(アンドロイドとiOS)
  • ウェブトレーダー(ブラウザ)

パソコン(Windows、Mac)

パソコン版は、WindowsとMacで使えます。公式サイトからインストーラーをダウンロードして、画面案内に沿ってインストールします。

インストーラーと対応OS

  • Windows:最新OSに対応
    ifcmarkets5setup.exe
  • Mac:開発元のアップデートに連動
    MetaTrader5.dmg

Mac版のインストーラーは用意されていないので、開発元のメタクオーツ社からダウンロードします。

(公式)メタクオーツ社のMT5

MT5はWindows基準なので、MacOSの対応は開発元のアップデートに連動します。

アプリ(スマホとタブレット)

MT5アプリは、AndroidとiOS(iPhoneとiPad)のスマホ・タブレットで使えます。

MT5アプリをアップルストアからダウンロード

GooglePlayまたはApple Storeで、MT5アプリをダウンロードします。

xmのmt5アプリ新規口座

アプリを開いて、新規口座をタップします。

MT5アプリでIFCマーケットのサーバーを選択

口座開設時に案内された、IFCマーケットのサーバーを選びます(デモ口座またはリアル口座)。

MT5アプリにIFCmarketでログイン

口座番号とパスワードでログインできます。

ブラウザ(ウェブトレーダー)

ifcマーケットのウェブトレーダーMT5

ウェブトレーダーは、会員ページからログインできます。

ブラウザで立ち上げるので、ダウンロード不要です。

まとめ

IFCマーケットはMT4、MT5、独自ツール(NetTradeX)がそろっています。

口座は複数作れるので、取引プラットフォームも使い分けができます。

(公式)口座開設フォーム

MT5は次世代の高機能取引ツールとして、海外FX業者でも定番になりつつあります。こちらの記事で対応会社をまとめました。

(参考)MT5対応の海外FX業者

-IFC Markets:IFCマーケット

© 2022 ソトFX