IFC Markets:IFCマーケット

IFC Marketsのゼロカットルールと実行条件・対応

IFC Markets(IFCマーケット)は、ゼロカット対応です。もし口座残高がマイナスになっても、0に戻してくれるので借金の心配はありません!

ifcマーケットのゼロカット対応(よくある質問)

(公式サイトのよくある質問より)

ゼロカットの申請は、会員ページから行います。

ゼロリセットの申請(会員ページ)

口座名横のプルダウンを開いて、「ゼロリセット」をタップします(マイナス残高時に表示されます)。

申請からリセットまでの目安は、5分ほどです(営業時間内に担当部署が手動処理)。

リセット前の入金は、マイナス残高と相殺されます(なくなる)。もし処理前に入金してしまっても、カスタマーサポートに依頼すればリセット後の残高に戻してくれるので安心です。

ゼロカットされないケース

禁止行為と認められた取引は、ゼロカット対象外になる場合があります。対応としては、ゼロカット分(補償額)を差し引いた出金が一般的です。

ifcマーケットでゼロカットされないケース(禁止行為)

(スタッフとのチャット内容)

IFCマーケットの禁止行為は、業者間の両建てです。

(参考)両建てのルール

他の取引制限は原則ないので、スキャルピングや自動売買も自由にできます!

ボーナスとクッション(損失カバー)

IFCマーケットは、ボーナスを提供していません(不定期のキャンペーンを除く)。

そのためゼロカット時に、ボーナスは損失補填に使われるのか?と考える必要はないです。

IFCマーケットではボーナスがない代わりに、2つの独自特典があります。

独自特典

  • 口座残高に利息付き(最大7%)
  • VIPアカウントの特別待遇(口座残高が500万円以上)
  • 詳細:特典内容と条件

マージンコールとロスカット

証拠金維持率が10%を下回ると、ロスカットされます。そしてマージンコールはありません(追加証拠金やポジション調整の事前案内)。

*証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
*有効証拠金=口座残高+ボーナス+含み損益

海外FX業者のロスカット設定相場は、20〜50%です。そのためIFCマーケットは、ポジションをギリギリまで持てる設定になっています。

まとめ

IFCマーケットのゼロカット対応は、標準レベルで問題ないと思います。

  • リセット前の入金はマイナス残高に反映(対応不可)
  • 事前入金や申請が必要
  • 依頼から処理まで1〜2営業日かかる

という対応の海外FX業者もいます。

(参考)ゼロカットの業者対応

口座は後から追加できるので、取引プラットフォーム(独自ツールあり)やスプレッド(固定と変動)の組み合わせを楽しめます。

(公式)口座開設フォーム

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-IFC Markets:IFCマーケット

© 2021 ソトFX