IFC Markets:IFCマーケット

IFC Marketsのレバレッジ制限ルールと変更方法

IFC Markets(IFCマーケット)の最大レバレッジは400倍で、口座タイプと商品で変わります。

最大レバレッジ

  • 400倍:ビギナー口座(NetTradeX)、マイクロ口座(MT4とMT5)
  • 200倍:スタンダード口座(各種取引プラットフォーム)
  • 貴金属、原油、商品:口座設定が適用
  • 株価指数(インデックス):100倍
  • 米国株と日本株:20倍
  • 公式:レバレッジ制限ルール

ロスカットは10%(証拠金維持率)なので、ギリギリまでポジション勝負できます!(業界相場は20〜50%)

口座残高のレバレッジ制限

スタンダード口座は、口座残高によってレバレッジ制限がかかります。

口座残高による最大レバレッジ

  • 200倍:500万円まで
  • 100倍:1,000万円まで
  • 50倍:1,000万円超え
  • 20倍:2,000万円超え

休日や祝祭日などは、レバレッジが1/2に規制されることもあります(市場状況によってIFCマーケットから事前通知あり)。

CFD商品の個別設定

CFDの中には、レバレッジが個別設定されている銘柄があります。

CFD商品の最大レバレッジ

  • 貴金属(ゴールドなど):口座残高の制限と同じ
  • 原油(エネルギー):口座残高の制限と同じ
  • 商品(コモディティ):口座残高の制限と同じ
  • 株価指数(インデックス):100倍
  • 米国株と日本株:20倍

CFDは価格変動が大きい商品もあるため、レバレッジを制限して損失リスクをヘッジすることが一般的です。

IFCマーケットはCFDの個別設定割合が少ないので、ハイレバで勝負できます!

レバレッジの変更方法

レバレッジの変更は、会員ページから申請できます。

IFCマーケットのレバレッジ変更

口座リストのレバレッジで、プルダウンを開きます。

IFCマーケットのレバレッジ設定(制限)

変更したいレバレッジを選んで、チェックボタンをタップすれば手続き完了です。

担当部署で申請を確認後、レバレッジが変更されます。

まとめ

IFCマーケットのレバレッジは、海外FXの相場レベルです。ですがロスカットが低く、口座設定のCFD商品が多いので結果ハイレバで取引できます!

取引プラットフォーム(自社あり)やスプレッド(固定と変動)と組み合わせて、複数の口座で比較検証もできます。

(公式)口座開設フォーム

海外FXの中には、レバレッジ無制限やロスカットなしの業者もいます。こちらの記事にまとめたので、ハイレバの世界を体感してみてください。

(参考)海外業者のレバレッジ比較

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-IFC Markets:IFCマーケット

© 2021 ソトFX