FXで稼ぐための学び

海外FXの主要通貨ペアの特徴とトレード方法

海外FX業者では、主要通貨ペアを取引できます。

主要通貨ペア

  • ユーロドル:取引量世界一(自動売買も多い)
  • ドル円:取引量世界第2位(午前10時に向けて活発)
  • ユーロドル:取引量世界第3位
  • ポンド円:月曜日の朝7〜9時はロングになりやすい
  • 豪ドル円:トレンドが出やすい(素直)
  • ユーロ円:ポンド円と豪ドル円の中間

それぞれの通貨ペアの特徴と、おすすめの時間帯をまとめました。

ユーロドル(EUR/USD)

ユーロドル(EUR/USD)は取引量世界No1の通貨ペアです。

トレードチャンスが多いので、スキャルピングやデイトレードに向いています。対応するEA(自動売買ソフト)も多いので、自動売買にも最適です。

またトレンドが出やすい(乗りやすい)ので、ロットを増やして短期間で大きな利益を狙うこともできます。

取引時間のおすすめは、21時〜24時(冬時間は22時〜25時)です。ロンドンとニューヨーク市場が重なり、売買が活発で大きなトレンドが出やすい時間帯だからです(ゴールデンタイムとも呼ばれます)。

証券取引所の取引時間(日本時間)

  • ロンドン
    16:00〜24:30(夏時間)、17:00〜25:30(冬時間)
  • ニューヨーク
    22:30〜5:00(夏時間)、23:30〜6:00(冬時間)

ニューヨーク市場が開くのは厳密には22:30ですが、21時くらいから値動きが大きくなりやすいです。

またロンドン市場が開く16時(冬時間は17時)前は、15時くらいから相場が急変動することもあります。この時間帯は「アーリーロンドン」と呼ばれ、スキャルで狙うこともあります。

ドル円(USD/JPY)

ドル円(USD/JPY)は世界取引量No2です。日本では最もなじみのあると思います。

おすすめの取引時間は、9〜10時と21時〜24時です。東京とニューヨーク市場が開いているからです。

東京証券取引所が開く時間は、9時〜15時です。市場が始まって仲値(なかね)が公表される10時までは、トレードされやすい印象です。

仲値(なかね)とは

仲値(なかね)は、その日の金融機関の取引レートです。平日9:55の為替レートを元に、10:00に金融機関ごとに発表されます。

ユーロドルと同じく、トレンドが素直に出やすいです。午前中に時間があるときは、ドル円に集中してトレードしています。

クロス円

クロス円は、ドル円以外の円通貨ペアです。取引量が少ないため、米ドルを介して取引されます。

例えばユーロ円(EUR/JPY)は、ユーロドル(EUR/USD)とドル円(USD/JPY)の組み合わせです。円で米ドルを買い、その米ドルを売ってユーロを買います。

2つの取引から作られるので、クロス通貨(合成通貨)と呼ばれます(円が関わるとクロス円になります)。

クロス円は取引量が少ないため、ドル円に比べて短期的な値動きが激しい傾向があります。つまりボラティリティ(価格変動率)が高いといえます。また合成通貨なので、単一通貨ペアよりトレンドが読みにくいこともあります。

そのためファンダメンタルズを意識してスイングトレード(数日〜数週間)をしたり、短期のうねり取り(デイトレ目安)に使っています。

逆に2つの通貨ペアトレンドがハッキリしている時は、より強いトレンドが生まれることもあります。例えばポンドドル(GBP/USD)とドル円(USD/JPY)が両方ロングトレンドなら、ポンド円(GBP/JPY)は大きく上昇する可能性があります。

円が絡んでいるので、東京証券取引所が開いている間(9時〜15時)は意識して相場を見るようにしています。

ポンド円(GBP/JPY)

ポンド円は、ボラティリティが高い通貨ペアです(価格変動が大きい)。そのためスキャルピングやデイトレなど、比較的短時間のトレードにも向いています。

また月曜日の午前7時〜9時までは、ロング方向に向かいやすい(買いポジション)です!

ポンド円の月曜日早朝7〜9時のチャート

(午前7時〜9時のチャート)

値幅は0.2円ほどで大きくないので、ロットを大きくして損切り入れています。

豪ドル円(AUD/JPY)

豪ドル円は、とても素直な通貨ペアだと思います。一度トレンドが出ると、方向が決まりやすいです。

豪ドル円の週足チャート(コロナ後)

(豪ドル円の週足チャート)

コロナ直後の安値から、コロナ収束に合わせて上昇トレンドでした。

オーストラリアは島国なので、コロナ収束が早かったのが一因だと思います(締め出しができた)。

ユーロ円(EUR/JPY)

ユーロ円は、ポンド円と豪ドルの中間のイメージです。程よく素直で、トレンドも出やすいです。

そのためスキャルピングはポンド円、スイングは豪ドル円の方が使いやすいです。

仕事で売上をユーロでもらう機会があるので、外貨預金感覚で対応しています(ユーロで持っておいて、円安になったら円に変える)。

まとめ

デイトレとスキャルピングは、ユーロドルと米ドルに集中しています。世界取引量3位のポンドドル(GBP/USD)も取引しますが、私は通貨ペアを少なくした方が集中できるからです。

クロス円は損切りを広めに取って、数日〜数週間のポジションを意識すると機能しやすいです。また値幅のうねりを狙って、スキャル〜デイトレで早めの利確も有効です。

海外FXのメリットは、借金のリスクなくハイレバレッジで少額から大きな利益を狙えることです。それほど大きくない値動きでも、ロットを増やせば数万円単位の利益はすぐに出せます。

(参考)レバレッジの業者比較

通貨ペアの取扱数と業者対応は、こちらの記事にまとめました。

(詳細)取扱通貨ペア数ランキング

-FXで稼ぐための学び

© 2022 ソトFX