海外FXの税金と確定申告

海外FXの利益はふるさと納税で節税できます!

ふるさと納税は、自己負担2,000円で豪華返礼品がもらえるお得な制度です。実質負担が2,000円で済む寄付上限額(控除限度額)は、年収が上がるほど高くなります

楽天ふるさと納税で寄付上限額(控除限度額)をシミュレーション

(シミュレーションの例)

そのため海外FXで利益が出て所得が増えれば、ふるさと納税の限度額も上がります。もらえる返礼品の金額と2,000円の差額分、どんどんお得になります!

*実際は所得税や、住民税が安くなります(寄附金控除)

逆に海外FXで損失が出ても、ふるさと納税にデメリットはないです(所得が下がれば、税率そのものが下がるので)。

そして寄付した自治体が5つ以下で他に必要がなければ、確定申告は不要です。面倒な税金手続きが増えないので、安心してFXで稼げます。

限度額はシミュレーターで簡単計算

自分はいくらまでの寄付なら実質2,000円で済むのか?は、ふるさと納税サイトのシミュレーターですぐに計算できます(年収と家族構成で)。

こちらの公式ページから、最新キャンペーンや限度額をチェックできます。

ふるさと納税サイト

ふるなびやふるさとチョイスなども、同じように簡単シミュレーションができます。

ワンストップ特例制度で確定申告なしも可能

ふるさと納税には、確定申告不要の「ワンストップ特例制度」があります。

確定申告なしの条件

  • 寄付した自治体が5つ以下
  • 他に確定申告をする必要がない

海外FXで確定申告が不要な人の条件は、こちらの関連記事を参考ください。

海外FXの確定申告
海外FXの確定申告のやり方と経費の判断ポイント

海外FX業者を使って稼いだ利益は、確定申告が必要です(日本居住者は日本で納税義務)。 ただし年間所得が20万未満の場合は、確定申告不要です(年収2,000万円以下の給与所得者の場合)。 確定申告のやり ...

続きを見る

税金の面倒な手続きを増やしたくない人も、条件下で安心してFXで稼げます。

海外FXの税金はシンプル

海外FX業者を使って得た利益は雑所得の累進課税なので、稼ぐほど税率は上がります。

ですが通算可能な所得(仮想通貨や副収入)が国内FXより幅広いので、損益を調整しやすいです。海外FXの税金メリットは、こちらの記事にまとめました。

海外fxの税金対策(国内fxと比較)
海外FXの税金対策(国内FXと比較したメリット)

FXに対する税金の対応は、国内と海外で違います。理由は金融免許の取得国が違うからです。 国内業者は日本で金融商品取引業の登録を行い、海外業者は外国で金融ライセンスを取得しています。そのため海外FXは、 ...

続きを見る

利益が増えれば副産物として、ふるさと納税の恩恵も受けられます。寄付金額と2,000円の差額を返礼品として、お得にゲットできるので心置きなく稼ぎましょう!

-海外FXの税金と確定申告

© 2022 ソトFX