BigBoss:ビッグボス

BigBossの休眠口座と口座解約制度について解説

2022年11月1日より、BigBoss(ビッグボス)で新たな休眠と解約口座制度が始まります。

休眠と口座解約について

  • 休眠ユーザー:120日間入金、取引、資金移転がないアカウント
  • 口座維持手数料:月額5ドル(休眠ユーザーが保有する口座)
  • 口座解約:口座維持手数料が支払えない口座

休眠ユーザーは、入金または取引をすると解除できます。口座維持手数料は、休眠ユーザーになった1ヶ月後から徴収されるので、早めに対応しましょう。

ビッグボスにはお得なポイント還元と、ボーナスプログラムもあるので、合わせて対応を解説します。

(公式)ビッグボス

BigBossの休眠口座について

保有するすべての口座において、120日間トランザクション(入金、取引、資金移転)がない場合、アカウントは休眠ユーザーになります。

対象の口座タイプ

FX、CFDの取引口座は、休眠対象となります。そして、仮想通貨の現物取引ができる、CRYPTOS口座は休眠の対象外です。

休眠の対象口座

  • スタンダード口座
  • プロスプレッド口座
  • MASSスタンダード口座(シグナル配信)
  • プレミア口座(MAM)

1つのアカウントで5つまで口座を作れて、6つ目以降も申請すれば可能です(審査あり)。

参考:BigBossの口座タイプ

BigBossポイントとボーナス

休眠ユーザーになると、BigBossポイントとボーナスはすべての口座からなくなります。

ポイントとボーナスについて

  • BigBossポイント:取引に応じて還元されるプログラム
  • 入金ボーナス:キャンペーンで定期的に配布

BigBossは取引するほど還元されるので、メインブローカーにおすすめです。

口座維持手数料

休眠ユーザーになると、すべての口座に対して毎月5ドルの口座維持手数料が発生します。

口座維持手数料の徴収日は、休眠ユーザーになった1ヶ月後からです。

マイページとMT4/MT5の利用

休眠ユーザーになっても、アカウントと取引プラットフォームのログインや、トレードは可能です。

ビッグボスでは、MT4とMT5どちらも利用できます。

休眠口座の解除方法

入金または取引を行うと、休眠ユーザーは解除されます。

休眠ユーザーは、取引口座からの資金移動と、出金申請はできません。そのため、資金を動かす場合は、まずは休眠を解除する必要があります。

参考:BigBossの入金方法

BigBossの口座解約について

休眠ユーザーの状態で、残高不足によって口座維持手数料が払えない口座は、解約となります。

解約口座は復活できないので、新たに追加で口座を開設しましょう。

対象の口座タイプ

解約の対象口座は、休眠と同じです。

解約の対象口座

  • スタンダード口座
  • プロスプレッド口座
  • MASSスタンダード口座(シグナル配信)
  • プレミア口座(MAM)

CRYPTOS口座は、解約の対象外です。

BigBossポイントとボーナス

休眠と同じく、保有するBigBossポイントとボーナスは没収されます。

MT4/MT5のログイン

口座解約の時点で、MT4とMT5にはログインできなくなります。

まとめ

海外FX業者の休眠口座は、下記の適用が一般的です。

  • 90日間入金や取引がない口座
  • 口座維持手数料は月額5ドル

そのため、ビッグボスの休眠ユーザーは、適用期間がやさしめの設定になっています。

  • すべての取引でポイント還元(ボーナスと交換)
  • レバレッジは最大1,111倍
  • 約定力に定評あり(すべてECNで市場直結)
  • スワップポイントは有利な時あり
  • 仮想通貨の現物とレバレッジ取引がどちらもできる

ビッグボスは取引スペックが高く、日本人スタッフによるカスタマーサポートも受けられます。

(公式)ビッグボス

-BigBoss:ビッグボス

© 2022 ソトFX