Traders Trust:トレーダーズトラスト

Traders Trustの入金方法(手数料、反映時間、限度額)

Traders Trust(トレーダーズトラスト)の入金は、手数料無料で即時反映です(銀行振込は、手数料負担で最大3営業日)。

入金方法

  • クレジットカードとデビットカード(VISAとMASTER)
  • ビットコイン(仮想通貨)
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • 銀行振込(国内送金も可能)

最低入金額は5,000円(50ドル)で、上限額はありません(銀行振込は最低額の指定なし)。

クレジットカードとデビットカード

VISAとMASTERのクレジットカードとデビットカードが使えます。プリペイドカードも使えるか?とスタッフに聞いたら、「クレジットとデビットが使えます」という間接回答でした。

ttcmのプリペイドカードに関するメール回答

(メールの回答内容)

物理的に不可能ではないけど、推奨はしない」という意味合いだと思います。

プリペイドカードは誰でも作れて本人名義以外もあるので、マネーロンダリングや不正利用のリスクが上がるためです。決済対応も、海外FX業者で分かれます。

VISAとMASTERなら使える可能性はあるので、使いたい人は一度試してみてください。

ビットコイン(bitpay)

決済サービスのbitpay(ビットペイ)を経由して、ビットコイン決済ができます。

ただし入金額が20万円(2,000ドル)を超える場合は、送金履歴が確認できる画面のスクリーンショットを提出します。理由は送金の特性上、アンチマネーロンダリング(AML)の規定に触れる可能性があるためです。

スクリーンショットの内容

  • ウォレットの名義
  • 送金アドレス(送金履歴より)
  • 送金完了の履歴

トレーダーズトラストのビットコイン入金

確認書類を提出しない業者もいる中、安全面を配慮する姿勢に好感が持てました。

bitwallet(ビットウォレット)

bitwalletは海外FXで最も普及している決済サービスです。トレーダーズトラストは非対応のJCB、アメックス、ダイナースクラブも使えます。

アカウントの名義とメールアドレスは、トレーダーズトラストと同じ必要があります。もしメールアドレスが違うなら、名前とメールアドレスが確認できる画像を提出します。

bitwalletの本人確認

これからアカウントを作る方は、FX会社と情報をそろえておくと手間がありません。

銀行振込(国内送金も可能)

海外FX業者への銀行振込は、基本的に海外送金扱いになります。ですがトレーダーズトラストは日本の銀行口座も用意して、国内送金も可能です!

利用銀行を登録して入力を済ますと、入金先の銀行情報が表示されます。ただしSWIFTコード(金融機関を認識する番号)がなかったり、非対応の銀行は入金に使えません。

入金できない銀行

  • ゆうちょ銀行
  • 新生銀行
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • GMOあおぞら銀行
  • イオン銀行
  • 富山銀行
  • 長崎銀行
  • 福岡中央銀行
  • 静岡中央銀行 など

銀行の可否は変わることがあるので、入金前にカスタマーに確認が確実です。また一度に100万円以上入金する時は、名前・銀行名・口座番号・入金額が分かる画像を提出します。

手続きの流れは、こちらの公式動画も参考ください。

まとめ

トレーダーズトラスト(TTCM)は他の業者よりも、高額決済時の本人確認が多いです。それだけ不正利用を防ぎ、安全な入出金に努めているのだと思います。

また入金できない銀行数も、業界トップクラスです(公開されている中で)。最初から公開すれば入金者が減るリスクもあるのに、利用者の利便性を優先する姿勢に好感が持てます。

手数料も2019年10月から、全面的に無料になりました(銀行振込の実費以外)。決済面からも、日本のトレーダーに対する本気を感じる内容です。

-Traders Trust:トレーダーズトラスト

© 2020 ソトFX