Traders Trust:トレーダーズトラスト

トレーダーズトラストの原油銘柄と取引条件を解説

トレーダーズトラスト(TTCM)の原油商品は、取引手数料無料です。

原油の取引条件

  • 取扱銘柄:ブレント、WTI
  • スプレッド目安:1.5pips(取引手数料は無料)
  • 取引制限は原則なし:スキャルピング、両建て、自動売買が自由
  • 1回の取引量:0.01〜50ロット(最大ポジション数は350)
  • 最大レバレッジ:25倍
  • スワップポイント:基本マイナス(業者間の両建てOK)

公式サイトで、リアルタイムスプレッド公開中です。

(公式)トレーダーズトラスト

原油取引の基本情報

ttcmの原油エネルギーCFD

トレーダーズトラストの原油商品は、世界的な定番銘柄です。

取引時間と取引量も、海外FX業者の標準レベルをクリアしているので、問題なくトレードできます。

取り扱い銘柄

取扱銘柄は、定番のブレントとWTI(クルード)です。

取扱商品

  • ブレント(UKOIL)
    イギリス北海のブレント油田などから採掘される軽油
    インターコンチネンタル取引所(ICE)に上場
    ヨーロッパを中心に取引
  • WTI(USOIL)
    ウエスト・テキサス・インターミディエイト
    ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)に上場
    NY原油とも呼ばれる

取引時間

取引時間は、平日ほぼ24時間対応です(月曜日の朝から土曜日の朝まで)。

  • UKOIL:月曜9:05〜土曜5:55
  • USOIL:月曜7:05〜土曜5:55
  • 冬時間(10月〜3月)は1時間遅くスタート

ブレントがイギリス、WTIがアメリカ市場中心なので、21時〜翌2時あたりは取引が特に活発になります(欧州市場とニューヨーク市場が重なるタイミング)。

取引量とポジション数

1回の取引量は0.01〜50ロットです。

口座あたりのポジション数は、350です。

原油の取引条件

トレーダーズトラストは、取引制限なしです(業者に損害を与える迷惑行為を除く)。

約定力も安定していて、予約注文の価格も思い通りです。

そのためスキャルピングや自動売買の、パフォーマンスを上げてくれます。

取引制限(禁止行為)

トレーダーズトラストは、取引制限なしです。

ただし業者に損害を与えて、意図的に利益を得るような行為は禁止されています(海外FXで一般的な範囲)。

99%以上の取引が0.1秒以内に成立して、ストップレベルも0です。そのためスキャルピングも安定しています。

*ストップレベルは、予約注文で現在価格から離す値幅のことです。0なら思い通りの価格で、指値・逆指値ができます。

(詳細)スキャルピング向きの理由

業者間の両建てもできるので、指標トレードのリスクヘッジやスワップポイントの最大化ができます。

(参考)両建てルールと禁止行為

そしてVPS(仮想専用サーバー)はハイスペックサーバーも無料で使えるので、MT4でEAを動かしてほったらかし自動売買も可能です!

(詳細)自動売買とVPSサーバー

レバレッジと必要証拠金

原油商品のレバレッジは最大25倍です。

そして1ロット当たりの取引単位(コントラクトサイズ)は1,000です。

例えばUSOILを110ドルで0.01ロット、25倍のレバレッジで持つ場合、5,000円ほどでポジションを持てます。

  • 必要証拠金=(価格×ロット数×コントラクトサイズ)/レバレッジ
  • 必要証拠金=(110ドル×0.01ロット×1,000バレル)/25=44ドル

通貨ペアの最大レバレッジは3,000倍なので、業界最高峰のハイレバを体感できます。

(参考)レバレッジの制限ルール

スプレッドと取引手数料

原油銘柄は、すべての口座タイプで取引手数料です。

通貨ペアと貴金属は、口座タイプで手数料が変わります。

口座タイプとスプレッド

  • クラシック:1.2pips〜
    取引手数料:無料
    最低入金額:5,000円
  • プロ:0pips〜
    取引手数料:6ドル(往復1ロット)
    最低入金額:2万円
  • VIP:0pips〜
    取引手数料:3ドル(往復1ロット)
    最低入金額:200万円

プロとVIP口座は同じスプレッドなので、クラシックとプロ口座のスプレッドを測定しました。

トレーダーズトラストの原油スプレッド(クラシック口座)トレーダーズトラストの原油スプレッド(プロ口座)

(クラシックとプロ口座)

参考スプレッド

  • UKOIL:1.5、1.4
  • USOIL:1.6、1.5
  • 左がクラシック、右がプロ口座
  • 単位はpips
  • 測定はMT4で平日14時頃

原油はすべての口座タイプで取引手数料無料なので、スプレッドもほぼ同じです。

通貨ペアは、プロまたはVIP口座の方がスプレッドは狭くなりやすいです。

(参考)口座タイプとスプレッド一覧

スワップポイント

スワップポイントは基本マイナスです。

  • UKOIL:-3.51、-4.90
  • USOIL:-3.65、-5.10

高金利通貨ペアの金額も高くないので、業者間両建てで毎日のスワップポイント利益を最大化する方がおすすめです。

(参考)スワップポイントの一覧

まとめ

トレーダーズトラストは、ボーナスとキャッシュバックがとても魅力的です。

  • 口座開設ボーナス:1万円(無料トレード)
  • 入金ボーナス:1,000万円以上(追加証拠金)
  • キャッシュバック:取引ごとに毎日最大20万円
  • 詳細:ボーナスとキャッシュバックプラン

レバレッジの高さと取引手数料の安さが業界最高水準なので、少額から大きな利益を狙えます!

口座は複数作れるので、使い分けや後から追加ができます。

(公式)口座開設フォーム

原油をハイレバ、そして狭いスプレッドで取引できる海外FX業者は、こちらの記事にまとめました。

(参考)海外FX業者の原油一覧

-Traders Trust:トレーダーズトラスト

© 2022 ソトFX