Traders Trust:トレーダーズトラスト

トレーダーズトラストのゼロカットルールと対応

トレーダーズトラスト(TTCM)のゼロカットは、メール申請をして1営業日以内に処理されます。

ゼロカットの対応

  • 口座残高がマイナスになったらメール申請
  • 1営業日以内には完了(担当部署が手動処理)
  • 処理前の入金はマイナス残高に反映
  • 原則すべての取引が対象(取引制限なし)
  • ボーナスは損失補填に使われない(クッションなし)

処理が完了したらメール報告が届きます。処理前の入金はマイナス残高に補填されてしまうので、口座がゼロになってから資金移動しましょう。

ttcmはゼロカット前の入金も対応は可能

(スタッフとのチャット内容)

もし処理前に入金してしまっても、資金移動直後であれば訂正できる場合もあるので、一度カスタマーサポートに連絡ください。

ゼロカットの申請方法

ゼロカットの申請は、メールでカスタマーサポートに依頼します(処理前の入金も同じフォーマット)。

メール申請の内容

管理部門で口座残高を0にしたら、完了メールが届きます。

ゼロカットされないケース

トレーダーズトラストは取引制限がないので、ゼロカットも基本実行されます。

ですがFX会社で一般的に禁止されている行為(アービトラージなど)は、同じく禁止されています。

規約違反は悪質さや程度によって、個別対応になります。

(参考)禁止行為とペナルティ

ボーナスは損失補填に使われない

トレーダーズトラストのボーナスはクッション機能がないので、損失の補填はできません。

*クッションは、ボーナス単体で証拠金として使える機能です。

口座残高+含み損益の金額が、クレジット残高を下回るとボーナスは自動で削除されます。

クッション機能があると残高が無くなっても損失をカバーできるので、ロスカットを防ぐ・遅らすことができます(含み損を支えるクッションの役割)。

トレーダーズトラストのボーナスは1,000万円以上と超高額の代わりに、クッションなしの設定になっていると思います。

(詳細)ボーナス内容と使い方

マージンコールとロスカット

マージンコールは証拠金維持率の50%、ロスカットは20%を下回ると実行されます。

実行水準

  • マージンコール:50%
    事前通知(追加証拠金や一部決済の提案)
  • ロスカット:20%
    ポジションの強制決済

*証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
*有効証拠金=口座残高+ボーナス+含み損益

海外業者の設定相場はマージンコールが50%〜100%、ロスカットが20%〜50%です。そのためトレーダーズトラストの実行水準は標準レベルです。

まとめ

トレーダーズトラストのゼロカット対応は、良心的です。

  • 処理前入金は対応できない(残高訂正は不可)
  • 事前に追加入金が必要

という業者もあります。

他の海外FX業者の対応は、こちらの記事にまとめました。

(参考)ゼロカットの業者対応

手動処理なので申請が必要ですが、一つずつミスのない対応が期待できます(自動はシステムエラーや気づかない場合あり)。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-Traders Trust:トレーダーズトラスト

© 2021 ソトFX