海外FX業者

LAND-FX(ランドFX)の口座開設からログインまでの流れ

2020年3月10日

LAND-FX(ランドFX)は、1人7つまで口座を持てます(MT4で5つ、MT5で2つ)。

最初の口座設定で少し迷うかも知れませんが、こだわりがなければ最初はスタンダードな口座を作りましょう。必要になったら後から追加できます。

最初に作った口座内容

  • プラットフォーム:MT4
  • 口座タイプ:LIVE
  • 口座通貨:日本円(JPY)
  • レバレッジ:最大500倍

口座開設にかかる時間は約2分です(公式案内)。確かに口座設定さえ終われば、後はスムーズに完了しました。

(公式)口座開設フォーム

口座設定(取引ツール、種類、通貨、レバレッジ)

初めに個人か法人を選んだら、口座情報を設定します。

LAND-FXの口座タイプ

口座設定の選択肢

  • プラットフォーム(取引ツール)
    MT4、MT5
  • 口座のタイプ
    LIVE(通常口座)、ECN(スプレッドが狭い特別口座)
  • 口座通貨
    日本円(JPY)、米ドル(USD)
  • レバレッジ
    最大500倍

プラットフォームは迷ったら、現在主流のMT4で問題ないと思います。

ECN口座はスプレッドが0pips〜なので、スキャルピングにおすすめです。ただし取引手数料(1Lot往復7ドル)がかかります。

LIVE口座は最も制限がなく使いやすいです。通常の「スタンダード」とキャンペーンの「LPボーナス」があります。

スタンダードとLPボーナス口座の違いは、ボーナスとキャッシュバックです。最大30万〜50万円の追加資金がもらえるので、両方開設するとお得です。

詳細は公式ページの「取引」→「プロモーション」と「スペシャルプロモーション」で確認できます。

(公式)ボーナスについて

通貨は日本円は入出金の為替手数料が無料に、米ドルは為替変動リスクをヘッジできます。

レバレッジは取引の自由度が最も高い、最大値がおすすめです。また下げる変更は会員ページからできますが、上げる変更はメール申請が必要なので手間がないです。

個人情報の登録と電話番号認証

次に名前、性別、国籍、生年月日、メールアドレス、住所を入力します。

電話番号を認証

そして本人確認の一環で、携帯電話の認証を行います。携帯電話番号を入力して、SMS発送ボタンをタップします。

するとスマートフォンにショートメールで、4桁の認証番号が送られます。表示された入力欄に、番号を記入して認証完了です。

固定電話の記入も必須なので、持っていない人は同じ携帯番号を入力しましょう。

資産情報、雇用状況、金融取引の経験

資産、雇用体系、金融取引の経験を回答

資産、年収、雇用体系、業界と金融取引の経験に答えます。内容は大まかで大丈夫です。

本人確認書類の提出

海外FXでは基本的に、最初の出金時に本人確認が必須です。中にはLAND-FXのように、最初に済ませて制限なく安全に取引できる業者もいます。

身分証明書と住所証明書を、いずれか1点ずつアップロードします。

本人確認の必要書類

  • 身分証明書
    運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど
  • 住所証明書(発行から3ヶ月以内)
    公共料金の請求書(電気、ガス、水道)
    利用明細(電話料金、インターネット、銀行、クレジットカード)
    国民健康保険証、住民票、印鑑証明など

MT4(MT5)へログイン&日本語マニュアル

最後に利用規約(約諾書と追加リスク開示)に同意して、口座開設完了です。

案内では審査時間は1〜2営業日と書かれていますが、私は平日昼間に申請して10分ほどで承認されました。

口座が承認されると、MT4(MT5)のログイン情報(アカウント番号、パスワード、サーバー)がメールで案内されます。

そして日本語マニュアルも届きます。

ログインのトラブル、パスワード変更、MT4のダウンロード&注文方法、入出金方法などが、図解付きで分かりやすく解説されています。

プリペイドカードはSTICPAYで代用可能!

LAND-FX(ランドFX)のプリペイドカード

LAND-FXは専用のプリペイドカードを発行して、提携ATMから出金できました。ですが利用者の減少から、サービスが終了することになりました(スタッフに確認済みです)。

既存の利用者がいるためまだ公式ページに案内が残っていますが、新規受付は停止しています。また会員ページからカード申請しても、キャンセル処理されます。

25社の海外FX業者を調べた中で、プリペイドカードを発行できるのはLAND-FXだけだったので残念です。

ですがLAND-FXは、プリペイドカードを発行できるSTICPAY(スティックペイ)で入出金ができます。

STICPAYは毎月100万円ほどコンビニATMから直接引き出せるのでおすすめです。詳細はこちらの関連記事を参考ください。

海外fxに入出金できる日本語対応のnウォレットアプリ
海外FXの入出金に便利な日本語対応のウォレット

海外FX業者への入金方法はクレジットカード(デビット・プリペイド)、出金は銀行振込が一般的です。全体の30%くらいの業者は、仮想通貨(ビットコインなど)も使えます。 カードブランドはVISAかMAST ...

続きを見る

-海外FX業者

© 2020 ソトFX