スプレッド最小&スワップフリーの新口座!

CXCMarkets(CXCマーケット)

CXCMarketsのレバレッジ制限と確認・変更方法

CXCMarkets(CXCマーケット)は、最大1,000倍のレバレッジで取引ができます。

レバレッジの設定

  • 通貨ペア:最大1,000倍(ゼロ口座は500倍)
  • CFD:最大5倍
  • 口座残高の制限:1,000倍は20,000ドルまで
  • レバレッジの確認と変更:マイページで可能
  • ロスカット:証拠金維持率の20%

公式サイトの「証拠金とレバレッジ」メニューに、言葉の意味も丁寧に解説されています。

(公式)CXCMarkets

CXCMarketsのレバレッジ制限ルール

まずは、CXCMarketsのレバレッジルールを見ていきます。

  • 口座タイプの設定
  • 口座残高の制限
  • CFDの個別設定
  • 相場が急変動するリスクヘッジ

口座タイプによる設定

CXCMarketsのレバレッジは、口座タイプで最大値が設定されています。

口座タイプと最大レバレッジ

ゼロ口座はスプレッドが狭いため、スキャルピングや自動売買などで取引量が増えやすいです。そのため、レバレッジを制限して大きな損失リスクを減らしています。

参考:CXCMarketsの口座開設手順

口座残高の規制

通貨ペアは、口座残高によってレバレッジが制限されます。

最高レバレッジと口座残高

  • 1,000倍:〜20,000ドル(ゼロ口座は500倍)
  • 500倍:20,000ドル-49,999ドル
  • 200倍:50,000ドル〜99,999ドル
  • 100倍:100,000ドル〜

口座残高の制限は、海外FXの標準レベルです。

参考:海外FX業者のレバレッジ比較

CFDの個別設定

CFD銘柄は、最大レバレッジが5倍に制限されています。

CFDを500倍以上のハイレバレッジで取引できる海外FX業者もいるので、こちらの記事を参考ください。

対象のエネルギー

  • UKOIL(原油)
  • NATGAS(天然ガス)

対象の株価指数

  • JPN225(日経平均)
  • NAS100(ナスダック)
  • SPX500(S&P500)
  • USA30(ダウ平均)
  • AUS200(オーストラリア)
  • ESP35(スペイン)
  • FRA40(フランス)
  • GER30(ドイツ)
  • HKG33(香港ハンセン)
  • UK100(イギリス)

対象の仮想通貨

  • BTCUSD(ビットコイン)
  • BTCEUR(ビットコイン)
  • ETHUSD(イーサリアム)
  • LTCUSD(ライトコイン)
  • XRPUSD(リップル)

対象の株式銘柄

  • AAPL(アップル)
  • AMZN(アマゾン)
  • BABA(アリババ)
  • BAC(バンクオブアメリカ)
  • BIDU(バイドゥ)
  • GOOGL(グーグル)
  • NFLX(ネットフリックス)
  • TSLA(テスラ)
  • TWTR(ツイッター)
  • FB(フェイスブック)

CFDは1ロットあたりの必要証拠金が決まっている場合、証拠金率が個別に設定されているためレバレッジも固定されます。

証拠金率とは、取引に必要な証拠金割合のことです。

例えば、証拠金率が1%の銘柄はレバレッジ100倍です(100/1倍)。100万円分の取引を、1万円の資金から行えます。

証拠金率は、MT4(MT5)の銘柄仕様などで確認できます。

指標発表などの相場変動リスク

取引相場が大きく動きそうなときは、一時的にレバレッジが規制される場合があります。

相場が変動しやすい局面

  • 世界的ニュース(国の選挙など)
  • 経済情勢の不安(経済制裁や戦争)
  • 経済指標発表 など

レバレッジが規制されるときは、事前に公式サイトのお知らせやメール案内で告知されます。

CXCMarketsのレバレッジ確認と変更方法

レバレッジの確認と変更は、マイページから手続きできます。

cxcマーケットの口座一覧

口座の概要メニューから、レバレッジを変更したい口座番号または「view」をタップします。

cxcマーケットの口座情報

「レバレッジ変更」へ進みます。

cxcマーケットのレバレッジ変更

好きなレバレッジを選んで、変更完了です。

CXCMarketsのレバレッジ計算とロスカット

最大レバレッジは1,000倍ですが、実際の実行レバレッジは取引量と証拠金で計算されます。

  • 実行レバレッジ=価格レート×取引量÷必要証拠金

レバレッジが上がると必要証拠金が減るので、ロスカットされにくくなります。CXCMarketsでは証拠金維持率が20%を下回ると、ロスカットが実行されてポジションが強制決済されます。

  • 証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
  • 有効証拠金=口座残高+ボーナス+含み損益

CXCMarketsでは、マージンコールはありません。マージンコールはロスカットを防止するために、追加証拠金を促す事前通知のことです。

海外FX業者のマージンコール実行水準は、証拠金維持率の50%が相場です。

まとめ

CXCMarketsのレバレッジは最大1,000倍なので、海外FXでは標準レベルです。少し前は500倍が平均レバレッジでしたが、最近では1,000倍が業界スタンダードになってきています。

またロスカット20%も海外FXの平均レベルなので、過不足なくトレードできます。

(公式)CXCMarkets

レバレッジ無制限や3,000倍、そしてロスカットなしの海外FX業者もいるので、超ハイレバで最後までポジション勝負できます!

こちらの記事にまとめたので、合わせてご活用ください。

参考:海外FX業者のレバレッジ比較

-CXCMarkets(CXCマーケット)

© 2023 ソトFX