スプレッド最小&スワップフリーの新口座!

CXCMarkets(CXCマーケット)

CXCMarketsの出金方法と手数料、着金日数などまとめ

CXCMarkets(CXCマーケット)の出金手数料は、月に1回まで無料です。そして最短即日の着金も可能です。

出金について

  • 手数料:月に1回まで無料(2回目以降は2,000円)
  • 1回の決済限度額:1万円〜1,000万円
  • 着金時間:1~3営業日
  • 主な決済方法:銀行振込
  • 意図的な出金拒否はない

銀行振込以外は、定期的にメンテナンスされています。決済サービスのメンテナンス情報は、公式サイトのお知らせやカスタマーサポートで確認できます。

(公式)CXCMarkets

CXCMarketsの出金ルール

まずは出金についてのルールや注意点を見ていきます。

出金手数料の無料条件

出金手数料は、月に1回まで無料です。同月内で2回目以降は、2,000円の出金手数料がかかります。

出金回数のカウントはアカウント単位なので、同じアカウント名義のすべての保有口座が対象です。

また入金後の取引が10回に満たない場合、毎回2,000円の出金手数料が発生するのでご注意ください。

出金に取引が必要な理由は、マネーロンダリングなどの不正利用を防止するためです。

ポジション保有中は出金できない

ポジションを保有中の出金申請は、保留またはキャンセルされます。

理由は出金することにより証拠金維持率が低下し、ロスカットなど資金を失うリスクが上がるためです。

また出金申請中の新規発注も、同じく却下される可能性があります。

参考:海外FXのレバレッジとロスカット

同じ口座名義と入金履歴が必要

出金先の銀行口座名義は、CXCMarketsのアカウントと同じ必要があります。

CXCMarketsは第三者からの出金依頼を一切受け付けておらず、名義人の居住国または国籍のある国内金融機関口座のみ、出金処理に対応しています。

また入金履歴のない口座からは出金できないので、入金した口座から申請または資金移動するようにしてください。

参考:CXCMarketsの入金方法

出金でボーナスは無くなる

口座残高の一部または全部を出金した場合、出金元口座で保有しているボーナスはなくなります。

ボーナスを使い切ってから残高を出金した方が、追加証拠金を残さず使えてお得です!

詳細:CXCMarketsのボーナスプラン

意図的な出金拒否はしない

CXCMarketsは、トレーダーに損害を与えるような意図的な出金拒否をしません

主な利益はスプレッドなので、取引が増えるほど売り上げも上がります。つまりトレーダーとは一心同体なので、トレーダーの信用を失う行為をする理由がありません。

ただし禁止行為や規約違反が見つかった場合は、利益の出金拒否や口座凍結のペナルティを受ける可能性もあります。

意図的な出金拒否をしないことは、海外FXの共通認識でもあります。

参考:出金拒否なしの海外FX業者

CXCMarketsの出金方法

出金方法は、銀行振込を使います。

  • 最低出金額:1万円(100USD)
  • 最高出金額:1,000万円
  • 着金時間:1~3営業日

出金内容に不備がなければ、3営業日以内着金します。

(例)月曜日に出金申請→水曜日の24時までに着金予定
(例)木曜日に出金申請→来週月曜日の24時までに着金予定

祝日休日は自動的に出金処理が延期され、受取銀行や経由銀行の営業日によっても反映日は前後する場合があります。

参考:海外FXの銀行出金

メンテナンス中の決済サービス

現在メンテナンス中の出金方法です。最新のメンテナンス状況は、公式サイトのお知らせまたはカスタマーサポートで確認できます。

メンテナンス中の出金方法

  • クレジットカード(VISA、Master、JCB)
  • NETELLER(ネッテラー)
  • Skrill(スクリル)
  • STICPAY(スティックペイ)

ネッテラーとスクリルは、日本向けのサービスを終了しています。スティックペイは海外FXの定番決済サービスなので、アカウントと持っておくと便利です。

参考:STICPAYが使える海外FX業者

CXCMarketsで出金できない原因と対処法

出金が保留になる、キャンセルされるなど、正常に申請が承認されない原因と対応をまとめます。

出金先情報が正しくない

出金先に登録した銀行口座情報が、間違っていれば当然出金はできません。

CXCマーケットの出金銀行口座

マイページの支払詳細メニューから、銀行口座を正しく登録しましょう。

ボーナスのみを出金しようとしている

受け取ったボーナスは取引専用のため、ボーナスのみは出金できません。

ボーナスを使って稼いだ利益は、口座残高と一緒に引き出せます。

出金申請額が口座残高より大きい

出金申請額が口座残高より大きい場合、申請はキャンセルされます。口座残高の範囲内で、再度申請しましょう。

未決済ポジションを保有している

未決済ポジションを持っていると、出金処理は原則通りません。

また出金申請後の新規ポジション保有も、申請が却下される場合があります。

複数の出金申請を同時にしている

複数の出金申請を同時に出している場合、保有や却下になる可能性があります。1回目の出金申請が承認されてから、次の申請を出すようにしてください。

口座名義がアカウントと違う

たとえ家族であっても、アカウント本人以外への出金は対応していません。

また登録者が居住または国籍を持っている国の、国内銀行口座に限られます。

PAMM取引のサイクル中である

PAMM取引において1~3ヶ月のサイクル(ロックアップ期間)中は、追加入金は可能ですが出金はできません。

出金は、ロックアップ期間が終了してから申請しましょう。

PAMM(パム)は投資信託のような仕組みで、プロトレーダーや金融免許のある投資会社に運用をおまかせできます。

面倒な設定や準備なく、利益に応じて手数料を支払えば良いだけなので、手軽さがメリットです。

参考:PAMMができる海外FX業者

入金履歴のない口座から出金申請している

マネーロンダリング防止の観点から、入金履歴のない口座からは出金できません。

ただし、下記の場合は入金履歴のない口座から出金できます

  • 口座開設ボーナスを使って、獲得した利益
  • 同じアカウント内の、入金履歴がある口座から資金移動された残高

口座開設ボーナスは不定期のキャンペーンなので、まずは無料トレードをしたい時は、もらえる海外FX業者をお使いください。

参考:CXCMarketsの口座開設ボーナス

禁止行為や不正取引の疑いがある

禁止行為や規約違反は、出金拒否や口座凍結などの対応がされる場合があります。

主な禁止行為

  • 口座間または業者間の両建て
  • 過度なスキャルピング
  • アービトラージ(裁定取引)など

口座間の両建ては、ボーナスやゼロカットの悪用リスクがあるため禁止されています。

そしてスキャルピングは禁止されていませんが、数秒から数分の過度なトレードはサーバーに負荷がかかり、他の注文に悪影響が出る可能性があります。

個人トレーダーの裁量レベルなら問題ないと思いますが、担当部署から確認や注意を受けたら速やかに対応しましょう。

また価格差を利用したアービトラージなど、意図的にFX会社に損害を与え得る行為は禁止されています。

まとめ

CXCMarketsの出金は、下記の点でやや利便性が低いといえます。

  • 手数料無料が月に1回まで
  • 入金後に一定数の取引が必要
  • 銀行振込のみ(メンテナンス次第)

出金は月に1回で十分、定期的に取引する方は、不便なく使えると思います。

(公式)CXCMarkets

無条件で出金手数料無料や、複数の決済サービスが使える海外FX業者もあるので、使いやすさ重視の方は合わせて参考ください。

参考:海外FXの出金方法

-CXCMarkets(CXCマーケット)

© 2023 ソトFX