海外FXの始め方

海外FX業者が呑み(ノミ)行為をしない理由を解説

海外FX業者は、呑み行為を原則しません。理由は取引方法の仕組み上、できないからです(する必要もない)。

*呑み行為(ノミ行為)とは、取次業者が取引を成立させることです。ギャンブルや金融商品が一般的で、FXの場合はトレーダーの注文をFX会社が処理します。

取引方法の違い

  • 海外FX業者:トレーダーの注文を直接市場に流す(NDD方式)
  • 国内FX業者:トレーダーの注文を受ける(DD方式)
  • 参考:取引方法の違い

海外FX業者は主な利益がスプレッドなので、取引が増えるほど売上が上がります。つまり運命共同体であるトレーダーに対して、損害を与えるような行為をする理由がないです。

(参考)スプレッドの一覧と比較

国内FX業者は注文の一部を自社処理しているので、呑み行為をすることもできます。

それぞれの立場と仕組みを解説します

海外FX業者は呑み行為に反対または禁止

海外のFX業者は、トレーダーの注文をそのまま市場に流します。そのため呑み行為は、基本ありません(一部の業者は、注文を受ける口座も用意しています)。

例えばAXIORY(アキシオリー)のように、利用規約で禁止している業者もいます。

AXIORYでは、お客さまの利益と相反する取引の一切を禁止しております。例えば、お客さまの注文に対し、反対売買や乗合取引を行ったり、レバレッジを偽る注文は一切行いません。

引用:AXIORYの公式ページ(初めての方→ライセンスと取引の安全性)

取引価格や注文処理の透明性を大切にしているので、隠れて投資家に損を与えるような行為を嫌う風潮を感じます。

国内FX業者とトレーダーの利益相反

国内のFX業者はトレーダーから受けた注文の一部を、自社判断で処理しています(金融庁のデータより)。

(参考)注文処理について

国内業者はトレーダーの注文を成立させるために、トレーダーと逆の注文をします。例えばドル円の買い注文が入れば、FX会社は売りポジションを持ちます。

この時円高になればトレーダーに損失が発生するので、結果的にFX会社は利益が出ます。逆に円安になればトレーダーは含み益、FX会社は含み損を抱えます。

FX会社は投資会社ではないので、ポジションを取って稼ぐことが目的ではありません。取引仲介による、手数料が主な利益です。

さらにトレーダーの注文に依存するので、毎回ポジションを保有し続けるリスクもあります。そのためFX会社もポジションを解消するために、為替市場で取引をします。

つまりポジションを保有している間はトレーダーと利益相反しますが、収入源ではないので利害関係はうすいといえます。

まとめ

呑み行為はあくまで、トレーダーの注文を成立させるための仕組みです。注文成立後にFX会社がポジションをどう処理しようと、投資家の損益には無関係です。

そのため「国内業者は呑み行為をしているから稼げない」「利益相反の関係だから、応援してくれない」は語弊があると考えます。

ただ国内業者の取引はブラックボックスな部分もあるので、気になるなら明朗会計な海外業者も使ってみてください。

(参考)海外FX会社の一覧

「安く買って高く売る・高く売って安く買う」というFXで稼ぐための原理原則は、国内と海外業者どちらも同じです。

タイミング・注文数量・方向・損切りや利確ポイントなど、自分がコントロールできる要素で勝率を上げていこうと思います。

-海外FXの始め方

© 2022 ソトFX