取引ツール・プラットフォーム

TradingViewの使い方と注文できる海外FX業者

TradingView(トレーディングビュー)には、日本語の公式YouTubeチャンネルがあります。今回は使い方の解説動画から、最初に知れてよかった内容をピックアップしました。

使い方の動画内容

  • 色分けの設定ルール
  • トレンドラインの引き方
  • バックテスト(収益シミュレーション)
  • チャートデータの保存方法
  • 投稿機能(蜂屋すばるさんの解説)

使い方や機能は、こちらの公式ページの詳細メニュー(スマホはアバウトメニュー)からもチェックできます。

(公式)TradingView

そして特に便利だと思った機能10選も、記事の最後にまとめました。

トレーディングビューで売買注文ができる海外FX業者は、イージーマーケットです。取引をキャンセルしたり、スリッページをなくす独自機能も使えます!

(参考)イージーマーケットの評判

色分けの設定ルール

チャートに表示する、インジケーターの見やすい配色についてです。移動平均線、一目均衡表、ストキャスティクス、ボリンジャーバンドで解説されています。

私も最初に、色分けのマイルールを決めています。上昇ラインは緑、下降ラインは赤、水平線は青などです。

インジケーターも順番(時間や幅)ごとに、色を統一すると見やすいです。

スキャルピングやデイトレードでは特に、環境認識のスピードが大切だと思います。そのため、パッと見てすぐ分かるようにしています。

トレンドラインの引き方

上位足(週足など)で長期のトレンドを把握し、下位足(日足など)に落とし込んでいくセオリーな流れが学べます。

今回はテクニカル指標の「フラクタル」を使って、トレンドの起点(高値と安値)を見つけています。

ラインはローソク足の実体とヒゲ、どちらに合わせるか?もつい気になることがあります。

ローソク足は日本人には定番ですが、世界的に見ればバーチャートも基準です。神経質になりすぎず、ラインも「幅」を持たせて捉えようと思います。

ストラテジーテスター(移動平均線など)

ストラテジーは、インジケーターに売買サインを出すプログラムのことです。ストラテジーテスターは、ストラテジーの収益シミュレーションができる機能です。

シミュレーションは「バックテスト」とも呼ばれ、売買戦略がどれくらい有効か?過去データから検証します。資金や取引量から細かい損益予測ができるので、稼ぐ目安になります。

今回は「2本の移動平均線の交差ストラテジー」を例に、解説されています(ゴールデンクロスとデッドクロス)。

チャートデータの保存(ダウンロード)

作成したチャートは、エクスポート機能でデータを保存できます(csvファイル)。設定やインジケーターなども反映されます。

エクセルですぐ使える、時間表示の変更方法は勉強になりました。

アイデア投稿(トレード記録)

アイデア投稿は、TradingViewのSNS機能(コミュニティ)です。自分のチャート分析を公開したり、他トレーダーの考え方が学べます。

投稿は非公開にすれば、自分用のトレードノートにすることもできます。

今回は解説は、専業トレーダーの「蜂屋すばる」さんです。FX上達のために、アウトプットが重要な理由も説明してくれています。

便利だと思った機能10選

使っていて、特に便利だと思った機能を10個紹介します。

便利な機能一覧

  • ウォッチリスト
    通貨ペアや銘柄を一覧表示(価格情報も)
  • マグネット
    高値・安値・終値などにカーソルが吸い付く(ラインが引きやすい)
  • 描画のロックと表示切り替え
    描画の固定と表示・非表示がワンクリック
  • リスクリワード測定
    ワンタップでリスクリワードを表示(ロングとショート)
  • チャートの共有
    チャート画面の公開とURL共有が可能
  • リプレイ
    チャートを隠していつでも過去検証を再生
  • テキストノート
    記録やメモが簡単(Evernoteのように)
  • ペーパートレード
    デモトレード機能(FX会社の口座開設不要)
  • 株式スクリーナー
    銘柄の絞り込み(証券会社のスクリーニング)
  • 経済指標カレンダー
    日時、結果、予測値の一覧(国のフィルタリングも可能)

TradingView対応の海外ブローカー

トレーディングビューで取引できる、海外FX業者です。業者名のリンクをタップすると、詳細説明が見れます。

使える海外FX業者

ちなみにビッグボスの公式アプリは、TradingViewのチャートを採用しています。

(参考)ビッグボスの公式アプリ

XMなどの有名ブローカーも、まだ未対応です。

海外FXではMT4とMT5が主流なので、トレーディングビューの今後の拡大を期待しています。

まとめ

TradingViewの最大のメリットは「クラウド」と「共有」です。そして株、FX、暗号資産(仮想通貨)まで幅広くトレードできます。

すべての端末で設定を同期できて、各種機能はサーバー管理なのでログインし続ける必要もありません(パソコンとアプリ)。

そしてSNSのように、気軽に他のトレーダーと情報やアイディアを共有できます。最近では投資家の高橋ダンさんも、MACDの使い方などを公開しています。

無料版と有料プランがあり、有料には特に5つのメリットを感じました。詳細はこちらの関連記事を参考ください。

(詳細)無料と有料プランの違い

まずは無料お試しができるので、気軽に始めてみてください。

-取引ツール・プラットフォーム

© 2022 ソトFX