LAND-FX:ランドFX

LAND-FXのスキャルピング対応と取引条件まとめ

LAND-FX(ランドFX)は、スキャルピングができます(禁止されてません)。

ただし禁止行為と判断されると、ペナルティを受ける可能性があります。禁止行為は口座間の両建てやアービトラージなど、海外FX業者で一般的な内容です。

(参考)両建てと禁止行為

そしてランドFXは、スキャルピング向きの取引条件がそろっています。

スキャルピング向きの要素

  • 約定率はほぼ100%
  • スプレッドは0pips〜(ドル円など)
  • 取引手数料無料の口座も、スプレッドが狭い(銘柄による)
  • 公式:ランドFX

約定力、取引量、スプレッド、ストップレベルについてまとめました。

約定力と取引方法

約定率はほぼ100%で、約定スピードは平均0.035秒です。

ランドfxの約定力(サポート回答)

(スタッフのメール回答)

スタッフの回答内容

弊社では、LP側によるリスク管理等の制限を除き殆ど問題なく約定いたします。
また、約定速度は約0.035秒でございます。

ただしインジケーターやEAなどを利用され、MT4内の動作が重い状態である場合は約定速度に遅れが生じる可能性がございますので、ご参考いただけますと幸いです。

取引方法はNDDで、STPとECN口座があります。そして決済方法はマーケット方式です。

取引方法の特徴

  • NDD:海外FXで一般的な市場直結型
  • STP:ライブ口座(Liveとボーナス)
  • ECN:ECN口座(スプレッドが狭い)
  • LP数:8(リクイディティプロバイダー)
  • 参考:STPやECNの解説まとめ

マーケット方式は約定優先なので、約定拒否(リクオート)は基本ありません。

代わりにスリッページは一般レベルで起こりうるので、気になる場合はスリッページなしの海外FX業者も活用ください。

(詳細)スリッページなしの業者一覧

取引量と保有ポジション

1回の取引量制限は、口座タイプで設定されています。

  • ライブ口座:0.01〜30ロット
  • ECN口座:0.1〜30ロット

口座単位の最大ポジション数は、300です(予約注文を含む)。

取引量は海外FX業者の中では少なめ(平均100ロットほど)ですが、ポジション数は標準レベルです。

スプレッドと取引手数料

ランドFXのスプレッドは、0pips(ドル円)やマイナススプレッド(貴金属)をMT4で確認できました。

口座タイプとスプレッド

  • ライブ口座:通常スプレッド(取引手数料は無料)
  • ECN口座:0pips〜(手数料は往復7ドル/ロット)

ライブ口座の方がスプレッドが狭い商品もあったので、手数料なしでも十分使えます!

(参考)スプレッドの一覧

ストップレベル一覧

主要銘柄のストップレベルです(単位はポイント=0.1pips)。

  • ユーロドル:12
  • ポンドドル:17
  • ドル円:12
  • ユーロ円:30
  • ポンド円:60
  • 豪ドル円:60
  • ゴールド:150
  • 原油:15

ランドfxのストップレベル(ユーロドル)

(ユーロドルの数値@MT4)

ストップレベルの大きさは、標準レベルです。

ストップレベルは待機注文の値幅なので、小さい方が思い通りの価格で指値・逆指値ができます。ですが広いことで損切りを回避したり、利益を伸ばせる局面もあります。

そのため秒単位のスキャルピングでなければ、ストップレベルは特に気にしていません。

(参考)ストップレベルの業者設定

まとめ

ランドFXは約定力に問題なく、スプレッドも狭いです。そのためスキャルピング向きの海外FX業者だと思います。

口座は複数作れるので使い分けができ、ボーナスも口座単位でもらえます(人気のLPボーナスが復活しました!)。

(公式)口座開設フォーム

スキャルピングができる海外FX業者は、他にもいるのでこちらの記事にまとめました。

(参考)スキャルピングOKの業者一覧

レバレッジ無制限、ロスカットなし、ボーナス1,000万円以上などのメリットがあります。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-LAND-FX:ランドFX

© 2021 ソトFX