取引ツール・プラットフォーム

MT4・MT5のウェブトレーダーとインストール版の違い

MT4とMT5のウェブトレーダーは、ブラウザでログインするのでダウンロード不要です。

インストール版と基本互換性があり同期もされるので、クラウドで身軽な簡易版として使っています。

ですがアップデートが全く同じではないので(内容や時期)、できないことや一部機能制限があります。

ウェブトレーダーの特徴

  • Macのパソコンでも不具合なし(OS関係なし)
  • カスタムインジケーターは挿入・表示できない
  • EA(自動売買ソフト)は設定・稼働できない
  • 機能対応に制限(タイムラグ)が発生することがある

定番のインジケーターや注文方法は、基本対応しています。ですがマイナーなものや細かい設定は、非対応または準備中の場合もあります。

ウェブトレーダーの特徴は、MT4とMT5で基本同じなので一緒に話を進めます。

(参考)MT4とMT5の違い

メリット

ウェブトレーダーの特徴は、公式サイトで以下のように紹介されています。

MT4ウェブトレーダーの特徴

  • ブラウザからの直接取引
  • 任意のオペレーションシステムとの互換性
  • 信頼性の高いデータ保護
  • ワンクリック注文(One Click Trading)
  • 30のテクニカル分析の為のインディケータ
  • Market Watchでのリアルタイムの相場の参照
  • 取引操作履歴
  • グラフィックオブジェクト
  • あらゆる取引操作タイプの実行 9つの時間軸
  • 公式:MT4のページ

MT5ウェブトレーダーの特徴

  • あらゆるブラウザからFX/株式/先物/の取引が可能
  • ブラウザに追加でプログラムやソリューションをインストールする必要がない
  • Windows、Mac、Linuxとの互換性
  • 安全なデータの保護
  • ネッティング/ヘッジング取引ポジション計算システム
  • 指値注文やストップオーダーを含む、MetaTrader 5の取引注文のフルセット
  • あらゆるタイプの取引操作の実行
  • 強化されたマーケットデプスとワンクリック取引(One Click Trading)
  • 3種類のチャート表示と9つのタイムフレーム(時間軸)
  • テクニカル分析の為の30種類のインディケータと24種類のグラフィックオブジェクト
  • リアルタイムモードでのマーケットウォッチの相場観測
  • 公式:MT5のページ

ブラウザのタブを使って、口座やチャートを分けることができます(ブラウザはGoogle Chrome、FireFox、Safari、Internet Explorerなど)。

そして私はMacユーザーなので、Macでも使えることに一番メリットを感じています。

Macでもストレスなく使える

MT4(MT5)はWindows向けなので、MacOSは標準対応ではないです。そのためMacのパソコンではダウンロードできなかったり、不具合が生じることがあります。

MacOSへの対応は海外FX業者によりますが、最新OSへの対応はタイムラグが一般的です。MacOSへの対応は、こちらの関連記事を参考ください。

OSに非対応の業者は、Windows環境を用意する必要がありました(パラレルデスクトップなど)。

ですがウェブトレーダーは、ダウンロード不要なのでOSは関係ないです。ブラウザからそのままログインして使えるので、MacPCでもストレスがなく助かっています。

デメリット

ウェブトレーダーのデメリットは、外部プログラムの導入・設定ができないことです。具体的にはインジケーターとEA(自動売買ソフト)です。

ウェブトレーダーのデメリット

  • カスタムインジケーターを挿入できない
  • EAを設定・稼働できない

外部のツールや自動売買設定は、ダウンロード版でしましょう。取引履歴は、webやアプリでも確認できます。

カスタムインジケーターを挿入できない

ウェブトレーダーは、カスタムインジケーターを導入&表示できません。カスタムインジケーターは、独自に開発されたものです(標準装備以外)。

私は利益の出やすいエントリーポイントを教えてくれる、カスタムインジケーターを使っています。

(詳細)稼いでいるインジケーター

外部インジケーターを表示させる時は、ダウンロード版を使ってください。

mt4ウェブトレーダーのインジケーター(xm)

(XMのウェブトレーダー)

また標準(内臓)インジケーターも、一部が使えないことがあります。追加はアップデートによりますが、定番のものは基本使えます。

EA(自動売買ソフト)の設定ができない

ウェブトレーダーは、EA(エキスパートアドバイザー)の設定ができません。自動売買をする時は、ダウンロード版でEAを設定する必要があります。

ただし稼働させてEAの取引は、ウェブトレーダーでも確認できます。

ダウンロード版はVPS(仮想サーバー)などを使って稼働させて、ウェブトレーダーやアプリで取引履歴をチェックするようにしています。

(参考)EAの設定手順

使い方の解説動画

海外FX業者の代表格・XM(エックスエム)は、ウェブトレーダーの使い方動画(YouTube)を公開しています。

他のMT4動画は、こちらの取引プラットフォームページから観れます(PC対応MT4へ)。

(公式)XMのプラットフォーム

動画の解説内容

  • ログイン手順
  • 気配値表示(通貨ペア、スプレッド、更新時間など)
  • チャート画面のカスタマイズ
  • ターミナルウィンドウ(口座残高や取引履歴)
  • 注文方法
  • サポート体制(日本語ライブチャット)

MT5の使い方も基本は同じなので、参考にしています。

まとめ

ウェブトレーダーはインストール不要なので、気軽で便利です。

  • パソコンの容量やメモリを気にしない
  • タブレットやスマホもOK(ブラウザ)
  • Macユーザーもストレスなし

ダウンロード版と同じ口座情報でログインできるので、気軽に併用しています(画面もシンプルで見やすいです)。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-取引ツール・プラットフォーム

© 2021 ソトFX