キャッシュバックサイト

XMのオートリベートのメリット・デメリットと金額比較

オートリベートは、XM(エックスエム)がトレーダーに直接キャッシュバックを支払う仕組みです。

毎週火曜日と木曜日の18時頃に、自動でXMのウォレット(MyWallet)へ反映されます。

キャッシュバックサイトが手続きで間に入らないので、コストカットと時短になります。

オートリベートの特徴

  • キャッシュバック率が上がる(タリタリ)
  • 入金ボーナスがもらえる
  • 出金手数料がかかる
  • 一時的に取引損失のリスクがある

XMとのやり取りで完結するので、損益から税金(取引履歴)まで一括管理できます。

【事前知識】XMのMyWalletについて

XMのMyWalletは、キャッシュバックなどの資金を管理するお財布です。MyWalletのお金は、取引口座(MT4とMT5)に出金できます。

xmのmywallet(キャッシュバック口座)

(マイページの口座メニューより)

MyWalletのルール

  • 取引口座への振替は入金ボーナスの対象
  • 取引口座の残高へ即時反映(基本)
  • 取引口座からは通常の出金方法を使用
  • 出金可能額は設定なし(最低も最高も)
  • 分別管理(信託保全)の対象

XMのMyWalletは分別管理(信託保全)の対象

(内容はスタッフに確認しました)

MyWalletから取引口座への振替は、入金扱いになります(マイページに案内があります)。つまり最高50万円の入金ボーナス対象です!

(詳細)XMのボーナスについて

そして取引口座へ移動してからは、残高と同じ扱いです。そのため出金方法や管理体制も、通常条件になります。

メリットとデメリット

メリットは、収入アップです。

オートリベートは仕組み上コストが浮くので、通常よりキャッシュバック金額を増やすことができます。

対応は業者によりますが、TariTali(タリタリ)はオートリベートの方がお得です。

(公式)タリタリのXMページ

そしてMyWalletから取引口座への振替は、入金ボーナスの対象になります(先に説明した通りです)。

デメリットは出金手数料と、取引損失のリスクです。

キャッシュバックサイトは、出金手数料無料が一般的です(銀行振込)。

XMも出金手数料は無料(少額決済以外)ですが、自分の銀行口座に着金するまでに手数料がかかります。

(参考)XMの出金方法と手数料

また出金処理は24時間以内(土日祝除く)に行われます。処理中は取引口座に資金が入っているので、損失やロスカットのリスクがあります。

キャッシュバックサイトの還元比較

TariTali(タリタリ)は最大9ドル、FXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)は最大8ドル還元です。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)は、オートリベートに対応していません。

口座 タリタリ ロイヤル
スタンダード 9ドル 8ドル
マイクロ 9ドル 8ドル
ゼロ 4.5ドル 4ドル

タリタリは最高キャッシュバック率保証付きで、他サイトよりレートが悪ければ対応してくれます。ボーナスと二重取りできる業者も多く、最短即日払いなのでイチオシです。

タリタリで提携していない業者は、ロイヤルキャッシュバックで補えます。

申込みから受け取りの流れ

キャッシュバックサイトで通常の登録手順を済ませてから、オートリベートの申請をします。

申し込みの流れ

  1. キャッシュバックサイトにユーザー登録
  2. キャッシュバックサイト経由で、業者の口座開設(新規または追加)
  3. 口座認証(口座をキャッシュバックサイトに登録)
  4. オートリベートの申請(専用フォーム)
  5. XMでオートリベートの利用を承認

オートリベートは解除もできます(申請が必要)。解除後は通常システムに戻ります(キャッシュバックサイト経由で支払い)。

まとめ

オートリベートによって、手間とコストを省けます(出金申請と還元率)。管理の一元化も、安心で分かりやすいと思います。

  • プラン変更→キャッシュバックサイト
  • プラン終了→XM

と権利が分かれるので、条件の変更や提供終了の可能性はあります。もし終わったら、通常プランに戻せば問題ないです。

XMでは既存口座の切り替えはできませんが、口座追加が可能です。そのため口座によって使い分けもできます。

-キャッシュバックサイト

© 2021 ソトFX