XM:エックスエム

XMのデモ口座開設方法と使い方。リアル口座との違いも解説

2020年12月2日

XM(エックスエム)のデモ口座は、1人5つまで開設できます(1メールアドレス=アカウント単位)。デモなのでもちろん無料で、自分のお金は使いません。

デモ口座の特徴

  • 証拠金の追加入金は何度でも可能
  • レバレッジの変更も後から可能
  • 有効期限なし(90日間利用なしで閉鎖)
  • 公式:口座開設フォーム

リアル口座との違いは、サーバーと対象口座です。少額取引の「マイクロ口座」は、デモ口座の対象外です。

口座開設完了後に、MT4(MT5)をダウンロードしてログインすればすぐに取引できます。

口座開設から取引までの流れ

こちらの口座開設フォームへ移動して、申し込みます。本人確認なしで、すぐに利用できます。

(公式)デモ口座開設フォーム

登録から利用までの流れ

  1. 個人情報を入力
  2. 取引項目の設定
  3. メールアドレスの認証
  4. ツールのダウンロード
  5. ログインして取引開始

分からないことはライブチャットでサポートにすぐ聞けたり、公式ページの解説動画が参考になりました。

個人情報を入力

個人情報を入力

名前、国、都道府県、電話番号、メールアドレス、希望言語を記入します。

電話番号の国際コードは+81(Japan)を選びます。電話番号が「08012345678」なら、0を除いた「8012345678」を電話に入力します。

取引ツール、口座タイプ、レバレッジを設定

デモ口座のツール(mt4かmt5)やレバレッジを選択

次に取引に関する項目を設定します。プラットフォームと口座タイプは、検証したいものを選びます。

取引の設定項目

  • 取引プラットフォーム:MT4かMT5
  • 口座タイプ:スタンダードかゼロ口座
  • 口座の基本通貨:JPY(円)、USD(ドル)、EUR(ユーロ)
  • レバレッジ:888倍(最大)
  • 投資額:5,000,000円(最大)

レバレッジの変更と投資額の追加は後からもできるので、最初は最大値がおすすめです。項目の細かい選び方は、こちらの記事を参考ください。

(参考)設定項目の選び方

口座パスワードを決める

デモ口座のパスワード

口座のパスワードを決めて、「デモ口座開設」をタップします。

XMのお得な情報を見逃したくない方は、「私はニュースレターや企業ニュース、商品の最新情報を受け取ることに同意します。」にチェックを入れましょう。

メールアドレスを認証して登録完了

メールアドレスの認証

登録したメールアドレスが本人のものか、確認する案内が届きます。本文中の「こちら」または「Eメールアドレスをご確認ください」のリンクをタップすると、認証が完了します。

XMのデモ口座の登録完了

口座開設完了と、MT4(MT5)のIDが案内されます。

MT4(MT5)のダウンロード

mt4(mt5)のログイン、サーバー情報

登録が完了すると、ログインIDとサーバー情報がメールで届きます。

対象サーバーは「XMTrading-Demo」と表記されているので、デモ口座だと分かりやすいです(リアル口座はRealと表記)。

MT4(MT5)のダウンロードは、専用ページから行います(登録完了ページや案内メールにもリンクがあります)。

(公式)ダウンロードの専用ページ

インストール方法などは、専用ページにチュートリアル動画(YouTube)が公開されています。ダウンロード以外にも、ブラウザ版やアプリ(タブレットやスマホ)も使えます。

ログインできない時の対処法

MT4(MT5)にログインできない時は、以下の内容が間違っている可能性があります。

ログインできない時の確認事項

  • ログイン情報(IDとパスワード)
  • 取引プラットフォーム(MT4かMT5)
  • 口座が閉鎖されている
  • 回線接続の不具合
  • メンテナンス(不定期で数十分)

もしパスワードを忘れたら、サポートに連絡して再発行してもらいましょう。口座は90日間使わないと閉鎖されます。

また接続先のサーバーが選べない(出てこない)時は、MT4を起動して「デモ口座の申請」をします。詳しい流れは、口座開設完了メールで説明があります。

追加入金(リセット)と有効期限

口座残高を増やす時は、カスタマーサポートに連絡して追加入金(リセット)ができます。

XMのデモ口座に追加入金(リセット)

(カスタマーの回答内容)

リセットは何度でも可能で、連絡手段はライブチャットかメールです(メールアドレスは教えてくれます)。

そしてデモ口座に有効期限はありません。ただし最後のログインから、90日間利用がないと閉鎖されます。

閉鎖されても、また新しい口座を開設できるので問題ないです。

デモ口座とリアル口座の違い

デモ口座とリアル口座の違いは、サーバーと対象口座です。

リアル口座との違い

  • サーバー
    デモ口座はDemo、リアル口座はReal
  • 対象口座
    マイクロ口座はデモ非対応(リアルのみ)

接続サーバーが違うので、まったく同じ取引環境ではありません。さらにデモ口座は取引が市場に影響を与えないので、約定スピードなどに微差が出ることがあります。

XMのデモとリアル口座サーバー

(サーバーの選択画面)

マイクロ口座は、少額から取引できるミニ口座です。デモ口座で開設できない理由をスタッフに聞いたところ「特に理由はない」とのことでした。

ほぼ1円(10通貨単位)から取引できるので、わざわざデモを作る必要もないと判断したのかもしれません。

通貨ペアやスプレッドなど、その他のスペックはリアル口座と同じです。

マイクロ口座を使うメリット

マイクロ口座を作れば、少額からリアルマネーのトレードが経験できます。

マイクロ口座のメリット

  • ほぼ1円から取引可能(10通貨単位)
  • 3,000円の口座開設ボーナスで無料トレード可能
  • 最高50万円の追加資金付き
  • ポイント還元でキャッシュバック(実質スプレッドが狭くなる)
  • FXの経験値になる(自分のお金を使う)

低リスクで最初は無料取引もできて、経験値もアップします。マイクロ口座の詳細は、こちらの比較表を参考ください。

(公式)口座タイプの比較表

まとめ

デモ口座は自分のお金を使わないので、練習に最適です。テクニカル分析を試したり、新しい自動売買(EA)を稼働させることもできます。

ただしあくまで練習なので、利益は生みません。また実弾(自己資金)ではないので、実際の取引とは精神状態が違います

そのためFXの経験値を積むなら、個人的にリアル口座を使うようにしています。

スタンダード口座が最も標準ですが、少額から慣らしたいなら「マイクロ口座」が最適です。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-XM:エックスエム

© 2021 ソトFX