XMTrading:エックスエム

XMTradingのMT5ダウンロード方法とログインまでの手順

XMTrading(エックスエム)のMT5は、各種端末で問題なく使えます。

MT5の対応端末

基本的な準備手順や使い方は、MT4と同じです。そのためXMが用意した、MT4のチュートリアル動画が参考になりました。
mt4とmt5の設定と操作は基本同じ(xmのチュートリアル動画)

(スタッフの回答内容)

チュートリアル動画は、プラットフォームページの「PC対応MT4」から観れます(PC画面)。

(公式)プラットフォームページ

MT5のインストールからログインの流れ

端末別に、MT4のダウンロードからログインの手順を解説します。

  • パソコン(WindowsとMac)
  • アプリ(アンドロイドとiOS)
  • ブラウザ(ウェブトレーダー)

ウェブトレーダーはブラウザで直接アクセスするので、ダウンロード不要です。

Windowsパソコン

取引プラットフォームのページで「PC版MT5」を選んで、インストーラーをダウンロードします。

インストーラー(xmtrading5setup.exe)を開いたら、画面案内に従って進みます。

基本的な手順は、MT4と同じです。

MT5はWindows基準なので、OSは最新バージョンに標準対応しています。

Macパソコン

MT5が使えるMacOSは、開発元(メタクォーツ社)のアップロードに連動します。そのため最新OSへの対応は、タイムラグの発生が一般的です。

取引プラットフォームのページから「MAC対応MT5」へ進み、ダウンロードをタップします。

ダウンロードフォルダへ移動して、インストールファイル「XMTrading MT5.pkg」を右クリックで開きます。

apple未確認xmのmt5ファイルを開く

「“XMTrading MT5.pkg”が悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。」という画面が出るので「開く」をタップします。

この確認はMacの標準機能で、ファイルを開いてトラブルになったことは一度もないです。

mt5のインストーラー(mac)

インストーラーが立ち上がるので、続けます。

mt5の保存フォルダを指定(macbook)

インストール先のディスク(フォルダ)を指定します。

mt5をmacのパソコンにインストール

インストールを実行します。カスタマイズする箇所は特に見つからなかったので、私は標準のまま設置しています。

touch idかパスワード認証

インストールを許可するために、Touch IDかパスワードを入力します。

mt5のインストール完了

インストールが完了したら、画面を閉じます。

mt5インストーラーをゴミ箱へ移動

インストーラーは、ゴミ箱に移しても問題ないです。

アプリケーションフォルダから、XMTrading MT5を開きます。

mt5のfx証券会社でTradexfin Limitedを選択

取引をする証券会社で、 Tradexfin Limited(XMの運営会社)を選びます。

mt5のログインID、パスワード、サーバー

口座開設完了メールで案内される口座番号(ID)とサーバー、そして自分で登録したパスワードでログインします。

xmのmt5にログイン完了

無事にログイン完了です。

アプリ(スマホとタブレット)

MT5アプリは、AndroidとiOS(iPhoneとiPad)のスマホ・タブレットで使えます。

まずはGooglePlayまたはApple Storeからアプリをダウンロードして開きます。

xmのmt5アプリ新規口座

新規口座へ進みます。

mt5アプリでxmのサーバーを選ぶ

証券会社でXM Trading(Tradexfin Limited)を選びます。

xmのmt5アプリにログイン

ログインID(口座番号)とパスワードでログイン完了です。

ウェブトレーダー

ウェブトレーダーはブラウザを使うので、ダウンロード不要です。

プラットフォームページの「MT5 Web Trader」ページから、アクセスできます。

xmのmt5ウェブトレーダー

口座番号、パスワード、サーバーを指定してログインします。

XMのMT5について

MT5についての対応とサポートをまとめます。

  • XMの専用アプリが使える
  • MT4との違いについて(口座で使い分けできます)
  • トラブルシューティングとサポート
  • 使い方のYouTube動画

XMの専用アプリが使える

XMのアプリ(AndoridとIOS)は、会員ページとMT5口座にログインできます。MT4口座は使えず、対応の予定は現在ありません。

xmのアプリにログイン(スマホとタブレット)

アプリを開いて「ログイン」をタップし、会員ページかMT5口座を選びます。

xmアプリのmt5口座

MT5口座にログインして、銘柄をタップするとチャートが見れます。

xmアプリでチャート分析(スマホを横画面)

スマホを横画面にすると、チャート分析やインジケーターの追加などもできます。

現状はXMのアプリを使わず、MT5のアプリを使っています。

XMのアプリを使っていない理由

  • 会員ページのログインはブラウザに移動するだけ(アプリ内ではない)
  • MT4口座への対応予定がまだない
  • 急なメンテナンスで、ログアウトすることがある

MT4にも対応したら、アプリで両プラットフォームを管理できるので利用したいと思います。

(参考)公式アプリの使い方

MT4とMT5の違い

MT4とMT5の違いは、外部連携と機能性です。

MT4とMT5の特徴

  • MT4:世界基準で業界スタンダード
    ほぼすべての海外FX業者で使える、EA(自動売買)も対応
  • MT5:次世代の高性能ツール
    株でおなじみの板情報が見れる、処理スピードの向上など
  • 詳細:MT4とMT5の比較

プログラムが違うので互換性はないですが、XMは1人8つまで口座を作れるので使い分けができます(デモ口座も作れます)。

(公式)口座登録フォーム

不具合の対処法

ダウンロード、ログイン、起動の不具合対応は、MT4の記事にまとめました。

不具合の対応

  • ログインできない(無効な口座や回線不通)
  • ダウンロードファイルが開けない(動かない)
  • 文字化けの直し方
  • 複数起動について
  • 参考:MT4のトラブルシューティング

カスタマーサポートに、ライブチャットですぐに質問もできます。

使い方の解説動画

MT5とMT4の基本的な使い方は同じなので、XMが公開しているMT4の使い方動画が参考になりました。

使い方の動画解説

  • 気配値表示(通貨ペア)
  • チャート画面
  • 注文方法 など
  • プラットフォームページの「PC対応MT4」で公開中
  • 詳細;プラットフォームページ

日本語のチュートリアル動画を公開する海外FX業者は限られるので、日本での人気の高さに納得のサービスです!

まとめ

XMは口座を複数作れるので、口座ごとにMT4と併用できます。

(公式)口座開設フォーム

海外FX会社のMT5対応率は、約40%です(30社ほど調べた中で)。使えるEAの多さも考慮すると、現状MT4の方が使いやすいかも知れません。

(参考)MT5が使える業者一覧

ですがアップデートの頻度は、MT5の方が3倍近く多いです。それだけMT5の普及に力が入っているので、今からXMで慣れておくのは有効だと思います。

Macの場合はトラブルなく、スムーズにダウンロード・ログインできました(MT4は文字化けなどがありました)。

インストールひとつ取っても進化を感じたので、MT4と併用しながら今後に期待しています。

-XMTrading:エックスエム

© 2022 ソトFX