スプレッド最小&スワップフリーの新口座!

XMTrading:エックスエム

XMTradingアプリの使い方と利用手順を解説

XMTrading(エックスエム)は、自社の専用アプリをリリースしています。

専用アプリはMT5口座へログインして取引できますが、MT4口座はログインできず使えません

アカウントと連動しているので、各種設定や入出金もできます。

XMアプリでできること

  • MT5口座での取引(成行と予約注文)
  • チャートの表示やインジケーターの挿入
  • 入金と出金
  • アカウント設定
  • サポート(ライブチャットへ接続)

MT4を使う、または他の海外FX業者と併用する場合は、MT4・MT5アプリを利用ください。

XMTradingアプリのダウンロードからログイン手順

アプリにログインするまでの手順です。

  1. アプリストアへ移動
  2. XMTradingアプリをダウンロード
  3. MT5口座の情報でログイン

グーグルプレイかアップルストアへ移動

XMTradingのアプリ(IOS)

グーグルプレイ(アンドロイド)またはアップルストア(iOS)へ移動して、「XMTrading - Tradexfin」をダウンロードします。

MT5口座でログイン

XMアプリにログイン

MT5の口座番号とパスワードでログインします。

MT5口座を持っていない場合は、新規または追加口座開設します。

(参考)XMTradingの口座開設方法

アプリにログインできない場合

アプリにログインできない時は、以下の原因が考えられます。

ログインできない主な原因

  • 口座がMT5ではない(MT4を指定)
  • パスワードが間違っている
  • 口座が凍結している

パスワードを忘れたら、マイアカウント(会員ページ)で再設定できます。

XMでは90日間取引や入出金がない口座は、休眠状態になります。そして口座残高が0で、さらに90日間利用がないと口座は凍結されます。

凍結口座はログインと解除ができないので、新規口座で対応します。

(参考)XMTradingの休眠と凍結口座

XMTradingアプリの注文・決済方法と取引設定

新規注文は、取引したい銘柄を選び発注できます。

ワンタップトレードで、即発注もできます(注文画面不要)。

銘柄をウォッチリストに追加

XMアプリの銘柄一覧

銘柄メニューから、取引したい銘柄の「+」をタップします。

*「i」をタップすると、銘柄情報が見れます。

通貨ペアをウォッチリストに追加

ウォッチリスト(お気に入り)に追加します(+ボタン)。

ウォッチリストはグループ分けもできます。

気配値メニューで取引銘柄を選ぶ

気配値メニュー(ウォッチリスト)

気配値メニューで、取引したい銘柄をタップします。

*左上のペンアイコンで、銘柄の削除や並び替えもできます。

取引設定とチャートタイプ(任意)

ワンタップトレードとチャートタイプ設定

銘柄画面で、取引の各種設定ができます。

取引に関する設定

  • ワンタップトレード:注文画面なしで即発注(ロット数と買い・売りを指定)
  • チャート上のアスクライン:買値ラインの表示
  • チャートタイプ:バー、ロウソク足、ライン

新規注文をする(成行または予約注文)

XMアプリの銘柄詳細から新規注文

銘柄画面で「+」をクリックして、注文画面へ移動します。

新規の成行または予約注文

成行または予約注文をタップします。

xmアプリの注文画面(ロット、ストップロス、テイクプロフィット)

ロット数、ストップロス(損切り)、テイクプロフィット(利確)を設定して、注文を確定させます。

XMアプリのストップロスとテイクプロフィット設定

ストップロスとテイクプロフィットは、推定損益額が分かるので便利です。

注文の変更、キャンセル、決済注文

注文メニューで内容の変更、キャンセル、決済注文ができます。

XMTradingのアプリは一括決済ができないので、部分決済で1つずつ対応します。

XMTradingのアプリの一括決済

(スタッフのチャット回答内容)

一括決済を使う場合は、パソコン版のMT5をご利用ください。

(詳細)XMTradingのMT5ダウンロード

ただし、両建ての一括決済(両建て解除)は可能です。

XMアプリの両建て解除手順

  1. 注文タブを開く
  2. 決済する両建てポジションを選ぶ
  3. 一括決済をタップ
  4. 銘柄名をタップ(銘柄の右端が赤色のチェックマークに変わる)
  5. 決済ボタンをクリックして完了

両建て解除はMT4・MT5アプリも可能で、スプレッドコストが1回分で済みます。

(参考)XMTradingの両建て方法

XMTradingアプリのチャート画面見方

XMアプリのチャート画面

銘柄詳細画面でスマホを横にすると、チャートメニューが表示されます。

チャートメニュー

  • 時間足(M1など)
  • チャートパターン(ロウソク足など)
  • インジケータ(f)
  • オブジェクト
  • 銘柄変更(右上)
  • クロスヘア(十字カーソル)

時間足

時間足は、一般的な長さで確認できます。

  • M1=1分足
  • M5=5分足
  • M15=15分足
  • M30=30分足
  • H1=1時間足
  • H4=4時間足
  • D1=日足
  • W1=週足
  • MN=月足

チャートパターン

チャートパターンを変更できます。

  • バーチャート
  • ロウソク足
  • ラインチャート

インジケータ

各種インジケータを挿入できます。

  • Moving Average:移動平均線
  • Bollinger Bands:ボリンジャーバンド
  • MACD:移動平均収束拡散法
  • RSI(Relative Strength Index)相対力指数 など

オブジェクト

図形のアイコンをタップすると、ラインを挿入できます。

  • 水平線
  • トレンドライン
  • フィボナッチ など

銘柄の変更

ウォッチリストから、表示銘柄を選べます。

クロスヘア(十字カーソル)

十字カーソルを挿入できます。

XMTradingアプリのアカウント設定メニュー

XMアプリのアカウント設定

詳細メニューから、アカウントの各種設定ができます。

アカウント設定メニュー

  • マイアカウント:口座情報(口座番号、残高、維持率、レバレッジなど)
  • 有効化の内容:口座のステータス(本人確認)
  • 設定:言語、パスワード変更、背景、通知、口座解約
  • 口座履歴:取引と手続きの履歴
  • 会員ページ:マイアカウントへ移動
  • 入金と出金:入出金ページへ移動
  • MyWallet:ウォレット残高へ移動
  • ヘルプ&サポート:ライブチャットへ接続

詳細は以下の関連記事も参考ください。

まとめ

XMアプリはアカウントと連動しているので、使いやすいと思いました。

ライブチャットにすぐつながるので、疑問をすぐに解決できたのは特に良かったです。

  • MT5アプリが使いにくい
  • MT4は使わない
  • スマホで利用したい(ブラウザではなく)

という方は、XMアプリおすすめだと思います。

(公式)エックスエム

日本語対応の自社アプリを含めて、サポートは国内口座のような安心感です。

(参考)XMTradingの評判まとめ

-XMTrading:エックスエム

© 2023 ソトFX