海外FX業者

Anzo Capitalの評判・取引スペック・感想まとめ

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)は、2021年5月末で日本サポートを終了しました(日本市場から撤退)。

サポートと決済のしやすさに、魅力を感じる海外FX業者です。

おすすめポイント

  • メールの返信が早い(基本1時間以内)
  • 自由な損切りと利益確定(ストップレベルがゼロ)
  • 公式:アンゾーキャピタル

海外FX業者のメールサポートは、当日〜翌営業日が一般的です。ですがアンゾーキャピタルは、ほぼ1時間以内に返信してくれます(営業時間内)。

これは海外FX業者の中でも、トップクラスの早さなのでとても助かっています。

Anzo Capitalのストップレベル(カスタマーの回答)

(ストップレベルのカスタマー回答)

そして待機注文(指値や逆指値)と現在価格の値幅「ストップレベル」がゼロです。そのため自由な損切りと利益確定ができるので、決済のストレスが減ります。

レバレッジとロスカット、ストップレベル

レバレッジとロスカット・マージンコール(追証)の水準は、海外FXの標準値です。

基本スペック

ストップレベルは指値や逆指値注文で、現在価格から離さないといけない値幅です。

ストップレベルがゼロなので、損切りや利益確定が自由になりストレスフリーな決済ができます。

他にもストップレベル0の海外FX業者はいるので、こちらの記事にまとめました。

(詳細)ストップレベルがゼロの業者

口座タイプとスプレッド

口座はバランス型の「スタンダード」と、スプレッドが狭い「RAW」が用意されています(法人口座もあります)。

口座の違いは手数料です。RAWはスプレッドが狭い分、720円/1lotの取引手数料がかかります(1lot=10万通貨です)。

そしてスプレッドは変動制です。取引量トップ3の通貨ペアの値は以下です。

口座タイプと最小スプレッド(pips)

  • ユーロドル(EUR/USD)
    スタンダード:1.2、RAW:0.1
  • ドル円(USD/JPY)
    スタンダード:1.5、RAW:0.4
  • ポンドドル(GBP/USD)
    スタンダード:1.6、RAW:0.4

スキャルピングメインの方はRAW、特にこだわりがなければスタンダードがおすすめです。

(参考)スプレッドの業者比較

取引ツール、商品と自動売買

取引ツールは、世界基準のMT4です。そして取引をプロにおまかせできる仕組み、マム(MAM)も使えます。

それぞれ以下の、関連記事を参考ください。

取引商品は外国為替(FX)に加えて、貴金属(金・銀)や差金決済のCFD(原油や株価指数)に対応しています。

またVPS(仮想専用サーバー)の無料サービスもあります。通常の月額料金は35ドルですが、口座残高が5,000ドル以上+月間取引量が往復5ロット以上で無料になります。

そのためEA(自動売買ソフト)の稼働にもおすすめです。

(参考)VPSサービスの比較

入金と出金方法

入出金にはbitwallet(ビットウォレット)、STICPAY(スティックペイ)、WebMoney(ウェブマネー)が使えます。

限度額の制限なしです(出金は1回100万円など、かかる場合があります)。

使えるウォレットは、どれも世界的なオンライン決済サービスです。特にビットウォレットと、スティックペイは重宝しています!

(詳細)ウォレットの特徴説明

入金ボーナスとキャッシュバック

現在開催中のキャンペーンです。

キャンペーン

  • 最大10万円の入金ボーナス
    取引に使える追加資金(入金額の最高50%)
  • 5,000円キャッシュバック
    LINEアカウントをフォローしてもらえる

入金ボーナスは、1,000万円以上もらえる業者もいます!

(詳細)入金ボーナスランキング

また口座開設ボーナスは、入金不要なのですぐに無料トレードができます。

(参考)口座開設ボーナスの一覧

まとめ

アンゾーキャピタルのスペック(レバレッジやスプレッドなど)は平均レベルですが、サポートと決済力が優れています。

ストップレベルなしの業者は限られるので、待機注文にこだわりたい人は特におすすめです。

XMやタイタンFXに比べると、知名度は低いかもしれません。ですがサポート品質の良さから、安心感は業界トップクラスです。

海外FX初心者から有名ブローカー経験済みの方まで、幅広く使いやすいと思います。

(参考)海外FX業者の評判まとめ

-海外FX業者

© 2022 ソトFX