easyMarkets:イージーマーケット

easyMarketsの原油商品銘柄と取引条件まとめ

easyMarkets(イージーマーケット)は、取引手数料無料で原油を取引できます。

原油取引の条件

  • 取扱銘柄:ブレント、WTI(暖房油、軽油、天然ガスもあり)
  • スプレッド:0.2pips〜(固定と変動が選べる)
  • 1回の取引量:0.01〜50ロット(ポジション数は無制限)
  • 最大レバレッジ:200倍
  • スワップポイント:マイナス

アカウントのランクが上がると、スプレッドも狭くなります!

(詳細)easyMarketsの口座開設特典

easyMarketsの原油取引情報

原油銘柄は定番のブレントとWTIから、珍しい暖房油と軽油も取り扱っています。

休場時間がない銘柄もあるので、夜間取引も可能です。

取り扱い銘柄

原油を含めた、エネルギーCFD銘柄です。

取り扱い銘柄

  • WTI(OIL / USD)
    ウエスト・テキサス・インターミディエイト
    米国経済の健全性を表す指標で、流動性と透明性が高い
  • ブレント(BRT / USD)
    イギリス北海のブレント油田などから採掘される軽油
    世界原油量の3分の2を占める主要商品
  • 暖房油(HEO / USD)
  • 軽油(GAS / USD)
  • 天然ガス(NGS / USD)

暖房油と軽油が取引できる、海外FX業者は珍しいです!

(参考)海外FXの原油トレード

取引時間

取引時間は、平日ほぼ24時間対応です(月曜日の朝から土曜日の朝まで)。

  • OILUSD、HEOUSD、NGSUSD
    平日6:00〜翌6:00(月曜日は4:00に開場、金曜日は3:00に閉場)
    3:00〜4:00は取引時間外
  • BRTUSD、GASUSD
    平日6:00〜翌3:00
  • 冬時間(10月〜3月)は1時間遅くスタート

取引量とポジション数

1回の取引量は0.01〜50ロットです。

そして口座あたりのポジション数は、無制限です。

easyMarketsの原油取引条件

禁止行為はありますが、明確な取引制限ではないので、個人レベルで一般的な取引は問題ないです。

  • 固定と変動スプレッドが選べる
  • スプレッドはアカウントランクで変わる
  • 自社ツールもある(独自機能が使える)

という点が特徴的です。

取引制限と禁止行為

イージーマーケットに損失を与えかねない、意図的な行為は禁止されています。

主な禁止行為

口座間の両建てはOKですが、業者間取引をメインにすると注意を受ける可能性があります。

またスキャルピングの目安は、15分未満のポジション決済です。時間帯以外の制限はなく、スキャルピング向きの条件がそろっています!

(詳細)easyMarketsのスキャルピング

自動売買はMT4(MT5)でEAを動かせますが、自社プラットフォームは自動売買ができません(独自システムのため)。

(参考)easyMarketsの自動売買

レバレッジと必要証拠金

レバレッジは最大200倍で、銘柄と取引ツールで決まっています。

最大レバレッジ

  • OIL / USD:100倍、200倍、200倍
  • BRT / USD:100倍、200倍、200倍
  • HEO / USD:20倍、50倍、50倍
  • GAS / USD:100倍、100倍、100倍
  • NGS / USD:10倍、50倍、50倍
  • 左から自社ツール、MT4、MT5

そして1ロット当たりの取引単位(コントラクトサイズ)も、個別設定です。

  • OIL / USD:1,000
  • BRT / USD:1,000
  • HEO / USD:42,000
  • GAS / USD:100
  • NGS / USD:10,000

例えばOILを110ドルで1ロット、200倍のレバレッジで持つ場合、6,000円ほどでポジションを持てます。

  • 必要証拠金=(価格×ロット数×コントラクトサイズ)/レバレッジ
  • 必要証拠金=(110ドル×1ロット×100バレル)/200=55ドル

FX通貨ペアは最大500倍で、口座残高や取引量の制限なしです!

(参考)easyMarketsのレバレッジ一覧

スプレッドと取引手数料

スプレッドは固定(MT4と自社ツール)と変動(MT5)で、取引手数料は無料です。

そしてスプレッドは、アカウントタイプでも変わります。

アカウントタイプ

  • スタンダード
    入金額:20ドル〜、スプレッド:1.9pips〜
  • プレミアム
    入金額:2,000ドル〜、スプレッド:1.4pips〜
  • VIP
    入金額:10,000ドル〜、スプレッド:0.9pips〜
  • 参考:easyMarketsのスプレッド

公式サイトに公開されているスプレッドは以下です。

公式発表のスプレッド

  • OIL / USD:0.4、0.3、0.2
  • BRT / USD:0.4、0.3、0.2
  • HEO / USD:2.5、2.0、2.3
  • GAS / USD:10、5.0、2.5
  • NGS / USD:1.2、0.5、0.1
  • 左から自社ツール、MT4、MT5
  • 自社ツールとMT4は、VIPアカウントが対象

MT5は変動スプレッドなので、参考のため実測しました(平日10時頃)。

イージーマーケットの原油スプレッド(MT5)

(MT5アプリの銘柄一覧)

MT5の参考スプレッド

  • OIL / USD:0.3
  • BRT / USD:0.4
  • HEO / USD:2.6
  • GAS / USD:7.5
  • NGS / USD:0.6

公式発表の数値と大きな差はないと、確認できました。

*原油はボラティリティ(価格変動幅)が大きいので、時間帯や流動性によってはスプレッドが広がる場合もあります。

スワップポイント

スワップポイントは、基本マイナスです。

  • OIL / USD:-1.716、-1.716
  • BRT / USD:-2.383、-0.560
  • HEO / USD:-0.776、-0.018
  • GAS / USD:-2.265、-0.053
  • NGS / USD:-0.135、-0.500

口座間の両建てはOKなので、業者間でスワップポイントの最大化ができます!

ただしアービトラージが禁止なので、業者間両建てをメインにすると注意を受ける可能性があります。

(参考)easyMarketsのスワップポイント

まとめ

イージーマーケットは、自社ツールの独自機能が特徴的です。

  • TradingViewも連携して使える
  • 損失の出た取引をキャンセルできる
  • スリッページなし(取引価格を一時停止)

口座は取引プラットフォームごとに作れるので、使い分けができます。

(公式)口座開設フォーム

原油取引がさらにハイレバや、スワップポイントがプラスの海外FX業者もいるので、こちらの記事にまとめました。

(参考)原油取引の海外FX業者まとめ

-easyMarkets:イージーマーケット

© 2022 ソトFX