HotForex:ホットフォレックス

HotForexの原油商品銘柄と取引条件を解説

HotForex(ホットフォレックス)の原油は、現物と先物どちらも取引できます。

原油取引の内容

  • 取扱銘柄:ブレントとWTI(スポット先物商品)
  • スプレッド:0.7pips〜(取引手数料は無料)
  • 1回の取引量:1〜60ロット(ポジション数は100)
  • 最大レバレッジ:66倍(UKOIL)、50倍(USOIL)
  • スワップポイント:スワップフリー(片方のポジション)

片方のポジションがスワップフリーなので、保有コストがかかりません!

(公式)ホットフォレックス

原油取引の基本情報

hotforexの原油取引

ホットフォレックスでは、定番のブレントとWTIが取引できます。

それぞれスポット(現物)と、先物銘柄があることが特徴です。

取り扱い銘柄

ホットフォレックスでは、スポット(現物)と先物どちらも取引できます。

取り扱い銘柄

  • ブレント(UKOIL)
    イギリス北海のブレント油田などから採掘される軽油
    世界原油量の3分の2を占める主要商品
  • WTI(USOIL)
    ウエスト・テキサス・インターミディエイト
    米国経済の健全性を表す指標で、流動性と透明性が高い

海外FXの先物はスポット銘柄が主流で、どちらも取り扱う業者は珍しいです。

(参考)海外FXの原油事情

取引時間

取引時間は、平日ほぼ24時間対応です(月曜日の朝から土曜日の朝まで)。

  • UKOIL:平日9:00〜翌6:00
  • USOIL:平日7:00〜翌6:00(月曜日は7:05開場)
  • 冬時間(10月〜3月)は1時間遅くスタート

早朝に1〜3時間、閉場します(取引できない時間帯)。

取引量とポジション数

1回の取引量は、1〜60ロットです。

口座あたりのポジション数は、口座タイプの設定が適用されます。

原油の取引条件

ホットフォレックスの禁止行為は、海外FXで一般的な内容です。

レバレッジやスプレッドも問題ないので、トレードしやすいと思います。

取引制限と禁止行為

ホットフォレックスでは、口座間の両建ては禁止です。

(参考)両建てと禁止行為

スキャルピングと自動売買は、問題なくできます。ストップレベルも狭い(0.5〜1.5pips)ので、秒スキャの自由度も高いです。

レバレッジと必要証拠金

最大レバレッジはUKOILが66倍で、USOILが50倍です。

そして1ロット当たりの取引単位(コントラクトサイズ)は100です。

  • 必要証拠金=(価格×ロット数×コントラクトサイズ)/レバレッジ

なので例えばUSOILを110ドルで1ロット、50倍のレバレッジで持つ場合、2万円ほどでポジションを持てます。

  • 必要証拠金=(110ドル×1ロット×100バレル)/50=220ドル

FX通貨ペアは、最大1,000倍のハイレバで取引できます!

(参考)レバレッジの制限ルール

スプレッドと取引手数料

原油のスプレッドはすべての口座タイプで同じで、取引手数料は無料です。

実際にMT5で測定したスプレッドは以下です(平日14時頃)。

目安スプレッド(pips)

  • UKOIL先物:0.7
  • USOIL先物:1.1
  • UKOILスポット:1.1
  • USOILスポット:1.4

ホットフォレックスの原油スプレッド(プレミアム口座)ホットフォレックスの原油スプレッド(ゼロスプレッド口座)

(プレミアム口座とゼロスプレッド口座)

FX通貨ペアとゴールドは、ゼロスプレッド口座の方が狭くなります。

(参考)スプレッドの一覧

スワップポイント

スワップポイントは、片方のポジションでゼロ(スワップフリー)です。

  • UKOIL先物:0、-3
  • USOIL先物:-2、0
  • UKOILスポット:0、-6
  • USOILスポット:0、-6.9

高金利通貨ペアや株価指数でプラスになりやすいので、スワップポイントで稼ぎやすいです!

(参考)スワップポイントの一覧

まとめ

ホットフォレックスは特典が魅力的なので、メインブローカーにおすすめです。

  • 最高1,500万円のボーナス(追加資金)がもらえる
  • 口座残高に利息がつく(最大3%)
  • 取引するほどキャッシュバック(還元プログラム)

口座は複数作れるので、銘柄やトレードスタイルで追加・使い分けができます。

(公式)口座開設フォーム

原油取引がさらにハイレバ、スプレッドが狭い、取引手数料無料の業者もいるので、こちらの記事にまとめました。

(参考)原油取引の業者一覧

-HotForex:ホットフォレックス

© 2022 ソトFX